生年月日データベース

ジェームズ・M・ブキャナンJames McGill Buchanan Jr.

経済学者[アメリカ]

1919年 10月3日

2013年 1月9日 死去享年95歳
ジェームズ・M・ブキャナン - ウィキペディアより引用

ジェームズ・マギル・ブキャナン・ジュニア(James McGill Buchanan Jr.、1919年10月3日 - 2013年1月9日)は、公共選択論を提唱した米国の経済学者・財政学者。
1986年にノーベル経済学賞を受賞。
ヴァージニア学派の中心人物のひとり。
1919年 テネシー州マーフリーズボロで生まれる。
1940年 ミドルテネシー州立大学 よりB.A.を得て卒業する(2007年「ノーベル平和賞」を受賞した経済学者ムハンマド・ユヌスは、かつて教員として所属)。
1941年 テネシー大学よりM.S.を得る。
戦時中、ホノルルでニミッツ提督のスタッフとして働く。
1948年 シカゴ大学からPh.D.を取得する。
  1956年 - 1968年 ヴァージニア大学で教える。
Thomas Jefferson Center for the Protection of Free Expressionの会員となる。
1968年 - 1969年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で教える。

■ 関連書籍

連想語句
  • テネシー州
  • 経済
  • ノーベル
  • 学者
  • フリーズ
  • ボロ
  • マー
  • ミドル
  • ムハンマド
  • ユヌス
  • ヴァージニア
  • 受賞
  • 大学
  • 学派
  • 平和
  • 影響
  • 著書
  • 評価
  • 財政学
  • ひとり
  • アメリカ
  • 中心
  • 卒業
  • 合衆国
  • 所属
  • 教員
  • 米国