誕生日データベース

ダンナ小柳

タレント・電撃ネットワーク[日本]

1968年 10月2日

ダンナ小柳(ダンナこやなぎ、本名:庭野敏和、1968年10月2日 - )は、日本のパフォーマー。
パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のメンバー。
メンバーの中で一番背が高い(188cm)。
芸能プロダクション「株式会社電撃兄弟社」に所属。
新潟県十日町市出身。
新潟県立塩沢商工高等学校中退。
ミュージカル養成所に入るものの、自分の才能に限界を感じ中退。
その後南部虎弾と知り合い、電撃ネットワーク(以下「電撃」)を結成。
芸名の由来は、当時小柳ルミ子の夫であった大澄賢也に似ている事から。
後に電撃が「TOKYO SHOCK BOYS」となるきっかけを作る。
TVから追放され無為の日々を送っていた時、たまたま小柳が鼻に牛乳を入れてしまい、目から出たのを見た南部が「体を張ったパフォーマンスは受けるんじゃないか?海外なら」と思いついたのが全ての始まりであった。
デンマークの王女の前で「割り箸一本尻割り」を披露し、王女を失神させた事がある。
過去に乳首が一度芸で取れてしまったが、かさぶたが取れたら新しい乳首が出来ていたとのこと。

■ 関連音楽作品

タイトル
「電撃ネットワークのテーマ」~THEMA OF TOKYO SHOCK BOYS~ (TSB-0001)
歌手
電撃ネットワーク
発売元
CRAFTWORK
発売日
2007年5月26日
新品価格
より
中古商品
より

「ダンナ小柳」と関連する人物

南部虎弾 大澄賢也 小柳ルミ子
連想語句
電撃プロダクション株式会社芸能エンターテインメントネタビッグブッキングミュージカル中退兄弟十日町市南部虎弾商工塩沢大澄賢也学校小柳ルミ子新潟新潟県牛乳県立連載関連高等きっかけパフォーマンスメディアメンバー以下出身南部委託小柳当時所属才能日々無為由来結成自分芸名追放関係限界電撃ネットワーク養成所

↑ PAGE TOP