誕生日データベース

大隅健一郎

法学者[日本]

1904年 10月2日

大隅 健一郎(おおすみ けんいちろう、1904年10月2日 - 1998年3月19日)は、日本の商法学者。
京都大学名誉教授。
元最高裁判所判事。
愛知県生まれ。
1973年11月3日、勲一等瑞宝章受章、1977年日本学士院会員、1993年文化勲章受章。
旧制岡崎中学校(現愛知県立岡崎高等学校)卒業 旧制第八高等学校(現名古屋大学)卒業 1927年 高等文官試験司法科合格。
1928年 京都帝国大学法学部卒。
京都帝国大学法学部助手 1930年 京都帝国大学助教授 1933年 滝川事件を受け辞職、立命館大学教授に就任。
1934年 京都帝国大学法学部助教授復帰 1938年 京都帝国大学法学部教授、 1953年 法学博士(京都大学、学位論文「株式会社法変遷論」) 1954年 京都大学法学部長 1966年 京都大学名誉教授(定年退官) 1966年9月9日 最高裁判所判事に就任。

■ 関連書籍

おおすみけんいちろう [生]1904.10.2.蒲郡[没]1998.3.19.西宮商法学者,元最高裁判所判事。1928年京都大学法学部を卒業。1938年同大学教授となり,会社法,証券取引法などで緻密な解釈論を展開し商法学の第一人者となる。1966年最高裁判事に就任,1974年退官するまでに悪徳の栄え事件(1969),全農林警職法事件(1973)など多くの大法廷判決に関与した。1974~85年神戸学院大学教授。1974年勲一等瑞宝章,1993年文化勲章を受章。1995年には企業法学分野での研究功績者に奨学金を贈る大隅法学研究奨励基金を設立した。『企業合同法の研究』(1935),『会社法論』(1954),『商事法研究』(1992)など著書多数。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 岡崎
  • 京都大学
  • 会員
  • 共著
  • 功労者
  • 勲一等
  • 単著
  • 受章
  • 学士院
  • 学校
  • 学説
  • 愛知
  • 愛知県
  • 文化
  • 文化勲章
  • 日本
  • 最高
  • 瑞宝章
  • 県立
  • 著書
  • 蒲郡市
  • 裁判官
  • 裁判所
  • 高等
  • 中学校
  • 出身
  • 卒業
  • 名誉教授
  • 学者
  • 旧制
  • 法学者