生年月日データベース

夏田鐘甲なつだしょうこう

作曲家[日本(朝鮮)]

1916年 10月1日 生 (満101歳)

夏田 鐘甲(なつだ しょうこう、1916年10月1日 - 2014年9月18日)は、日本のクラシック音楽の作曲家。
旧姓名、禹鍾甲(우종갑)。
人物・来歴 朝鮮、江原道(現韓国領)江陵生まれ。
平壌師範学校へ進んだ後、1942年帝国音楽学校本科を卒業。
作曲を諸井三郎、池内友次郎に師事する。
作曲家の夏田昌和は息子である。
主要作品 管弦楽 1952年、『管弦楽のための三楽章』で日本音楽コンクール作曲部門第1位入賞。
1965年、『管弦楽のための伽藍』がTBS賞特賞入賞。
1967年、「21世紀の日本」音楽の部で、『管弦楽のための三楽章“昌慶”』が最優秀賞(総理大臣賞)を受賞。
他 吹奏楽 吹奏楽のためのファンタジー他。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本のクラシック音楽の作曲家。1916年10月1日生まれ。帝国音楽学校本科卒業。 「吹奏楽のためのファンタジー」などで有名。 (引用元 Hatena Keyword)

「夏田鐘甲」と関連する人物

連想語句
  • 管弦楽
  • 主要
  • 作品
  • 作曲家
  • 吹奏楽
  • 夏田昌和
  • 学校
  • 平壌
  • 朝鮮
  • 江原
  • 江陵
  • 池内友次郎
  • 諸井三郎
  • 音楽
  • ック
  • 作曲
  • 卒業
  • 大韓民国
  • 姓名
  • 帝国
  • 師事
  • 師範
  • 息子
  • 日本
  • 時代
  • 本科
  • 楽章
  • 統治
  • 韓国