生年月日データベース

内田樹うちだたつる

思想家、エッセイスト[日本]

1950年 9月30日

内田 樹(うちだ たつる、1950年9月30日 - )は、日本の哲学研究者、コラムニスト、思想家、倫理学者、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授。
京都精華大学人文学部客員教授。
東京大学文学部卒業。
東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。
学位は修士(東京都立大学・1980年)。
専門はフランス現代思想だが、取り上げるテーマはユダヤ人問題から映画論、武道論まで幅広い。
東京都大田区下丸子に生まれ育つ(父親は19歳で家を出て満鉄に入社。
戦時中は政府機関に所属した。
戦後、サラリーマンを経て会社を経営し、日中友好協会に関わった)。
1963年に大田区立東調布第三小学校を、1967年に大田区立矢口中学校を卒業。
1966年、東京都立日比谷高等学校に進むが、高校2年で成績が学年最下位になり、のち品行不良を理由に退学処分を受け、ジャズ喫茶でアルバイトをする。
しかし家賃も捻出できず、親に謝罪し家に戻った。
大学入学資格検定に合格。
1969年、東京大学入試中止の年に京都大学法学部を受験するも不合格。
1年間の浪人生活を経て、1970年4月、東京大学文科III類に入学。

■ 映像作品

■ 関連書籍

うちだ・たつる(1950-) 1950年9月30日生まれ。東京都出身。 日比谷高校中退、東京大学文学部仏文科卒、東京都立大学大学院人文科学研究科中退。 2003年6月現在、神戸女学院大学文学部総合文化学科教授。 研究領域*1 フランス文学・フランス思想(レヴィナス、カミュ、ブランショ) 近現代フランス思想史(ユダヤ教思想、反ユダヤ主義) 身体技法論(武道論) 映画記号論 所属学会 日本フランス語フランス文学会、日仏哲学会、日本イスラエル文化研究会、 カミュ研究会、身体運動文化学会 允可された段位 合気道(合気会)    六段(1998年1月) 全日本剣道連盟 居合道 三段(1998年5月) 全日本剣道連盟 杖道  三段(2001年6月) (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 問題
  • 立場
  • 人文
  • 修士
  • 大学院
  • 東京都立大学
  • ナイ
  • ラー
  • 主張
  • 京都精華大学
  • 低下
  • 名誉教授
  • 国家
  • 国民
  • 地球
  • 学力
  • 客員
  • 思想家
  • 憲法観
  • 成熟
  • 教授
  • 教育
  • 文学部
  • 東京大学
  • 温暖化
  • 神戸女学院大学
  • 自衛隊
  • 関係
  • 人文学
  • 修了
  • 倫理
  • 倫理学
  • 卒業
  • 学位
  • 学者
  • 学部
  • 武道家
  • 社会
  • 科学
  • 翻訳
  • 翻訳家
  • 課程