生年月日データベース

オリビア・ニュートン=ジョンOlivia Newton-John

歌手[オーストラリア]

1948年 9月26日 生 (満69歳)

オリビア・ニュートン=ジョン - ウィキペディアより引用

オリビア・ニュートン=ジョンAO, OBE(Olivia Newton-John, 1948年9月26日 - )はイギリス生まれ、オーストラリア育ちの歌手、実業家。
1970年代から1980年代半ばにかけて数多くのヒット曲を放ち、世界的な人気を博した。
現在もレコーディング、コンサート、自社ブランドのオーナーなど、多方面で活躍する。
本来はオリヴィア・ニュートン=ジョンだが、日本では通常オリビア・ニュートン・ジョンと表記している。
公称身長167.5 cm(5フィート6インチ)。
イングランド・ケンブリッジ生まれ。
母方の祖父はアインシュタインとも親しかったドイツのノーベル賞受賞物理学者マックス・ボルン (Max Born)、ウェールズ人の父親はケンブリッジ大学のドイツ語教授であった。
5歳の時に父がオーストラリアの大学に移り、家族とともに移住。
14歳の頃から学友とバンドを組んで、バーなどで歌い始めた。
1965年、出演したオーディション番組で優勝。
その懸賞で英国に戻り、1966年にデビューした。
クリフ・リチャードのバック・コーラスなど下積みの時期がしばらく続いたが、1970年にヴァル・ゲスト監督による『オリビア・ニュートン・ジョンのトゥモロー』Toomorrow で映画主演し、歌も披露。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Olivia Newton-John :アーティスト :ミュージシャン →オリヴィア・ニュートン=ジョン(厳密にはこちら)/オリビア・ニュートン=ジョンなどの表記も。 1948年9月26日イギリスのケンブリッジ生まれの、歌手(ヴォーカリスト)、作詞家、作曲家、癌撲滅運動の活動家、元UNICEF親善大使、実業家。 70年代は名曲 「そよ風の誘惑」、グラミー受賞曲 「愛の告白」 など数々の大ヒット曲をリリースし、彼女が主役を演じたミュージカル映画 『グリース』 ではジョン・トラボルタと共演した他、『ザナドゥ』『セカンド・チャンス』など幾つかの映画にも出演。 2003年4月、25年ぶりの来日公演を行い、2006年3月に再来日し、更なる完成度を高めた。 尾崎亜美が作り、杏里が歌った「オリビアを聴きながら」とは、オリビア・ニュートン=ジョンのことで、詩の一部「Making Good Things Better」は彼女の歌った「きらめく光のように Making A Good Thing Better」を複数形にしたフレーズ。 なお、近年特殊リリースした4作は配信契約をしたため、日本のiTunesでもダウンロードが可能となっている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 概要
  • アルバム
  • イギリス
  • イングランド
  • オーストラリア
  • グラフィー
  • ケンブリッジ
  • シングル
  • ジョン
  • ディスコ
  • ニュートン
  • 出典
  • 実業家
  • 来日
  • 歌手
  • 記録
  • オリビア
  • オリヴィア
  • オーナー
  • コンサート
  • ヒット曲
  • ブランド
  • ポピュラー
  • レコーディング
  • 人気
  • 公称
  • 半ば
  • 多方面
  • 日本
  • 本来
  • 母方
  • 活躍
  • 現在
  • 祖父
  • 自社
  • 通常