生年月日データベース

石橋湛山いしばしたんざん

政治家内閣総理大臣[日本]

1884年 9月25日

石橋湛山 - ウィキペディアより引用

石橋 湛山(いしばし たんざん、1884年〈明治17年〉9月25日 - 1973年〈昭和48年〉4月25日)は、日本のジャーナリスト、政治家、教育者(立正大学学長)。
階級は陸軍少尉(陸軍在籍時)。
位階は従二位。
勲等は勲一等。
大蔵大臣(第50代)、通商産業大臣(第12・13・14代)、内閣総理大臣(第55代)、郵政大臣(第9代)などを歴任した。
内閣総理大臣在任期間は65日であり、日本国憲法下では羽田内閣に次ぐ2番目に短く、日本の内閣史上でも4番目の短命内閣である。
早稲田大学から名誉法学博士(Doctor of Laws)を贈られた。
戦前は『東洋経済新報』により、一貫して日本の植民地政策を批判して加工貿易立国論を唱え、敗戦後は「日中米ソ平和同盟」を主張して政界で活躍した。
保守合同後初の自民党総裁選を制して総理総裁となったが、在任2ヵ月弱で発病し、退陣した。
退陣後は中華人民共和国との国交正常化に力を尽くした。
実父は身延山久遠寺第81世法主杉田日布。
その関係で、立正大学学長に就任した。
生涯 生い立ち 日蓮宗僧侶・杉田湛誓ときん夫妻の長男・省三(せいぞう)として生まれる。

■ 関連書籍

政治家。1884-1973。 戦前は『東洋経済新報』で小日本主義をとなえていたジャーナリスト。 戦後、大蔵大臣、通産大臣などを歴任。GHQの財閥解体方針には反対した。 2.1ゼネスト阻止にも動いた。 だが、GHQの方針を遠慮なく批判したことで公職追放にもあったことがある。 1956年、自民党総裁選で、決選投票で「二・三位連合」を組むことにより岸信介を激戦の末に制し、総理大臣に就任するも病気により65日で退陣した。 元総理として、中国の周恩来首相・毛沢東主席との会談を行ったことでもしられる。 また戦後も改憲、徴兵制復活、朝鮮戦争への派兵、憲法に義務規定を多く盛り込むことなどを主張する一方、前述のように親中共派としての一面もあり、今日に至ってもその思想と矛盾した政治行動に対する評価が相半ばする人物でもある。 早稲田大学卒。僧侶の資格も持ち、「湛山」は得度名。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 大臣
  • 内閣
  • 日本
  • 総理
  • 陸軍
  • 鳩山一郎
  • ジャーナリスト
  • 位階
  • 勲一等
  • 勲等
  • 博士
  • 大蔵
  • 少尉
  • 憲法
  • 政治家
  • 教育者
  • 日本国
  • 早稲田大学
  • 法学
  • 産業
  • 立正大学
  • 羽田孜
  • 郵政
  • 階級
  • かさ
  • 史上
  • 吉田
  • 名誉
  • 在任
  • 在籍
  • 大日本
  • 大綬章
  • 学長
  • 帝国
  • 憲政
  • 旭日
  • 期間
  • 桐花
  • 概要
  • 歴任
  • 石橋
  • 経済
  • 財務
  • 通商