誕生日データベース

伊藤正己いとうまさみ

法学者[日本]

1919年 9月21日

伊藤 正己(いとう まさみ、1919年9月21日 - 2010年12月27日)は、日本の法学者。
専門は英米法、憲法で、とりわけ表現の自由とプライバシーの関係性を研究していた。
元最高裁判所判事、東京大学名誉教授、日本学士院会員(第2分科(法律学・政治学))。
弟に伊藤正元住友商事社長。
名前の表記は「正己」であり、「正已」や「正巳」は誤り。
専門書でも誤記されることがある。
来歴・人物 兵庫県出身。
神戸一中、一高、東京帝国大学法学部卒業。
戦時中は特別研究生に選ばれ、徴兵を免れたほどであった。
1954年から米ハーバード大学・スタンフォード大学に留学。
最高裁判事としては、吉祥寺駅ビラ配布事件判決において、補足意見の中で示した「パブリックフォーラム論(公共場所を表現活動に利用する場合の利害調整)」など自己の専門分野を生かして、数々の補足意見や反対意見を記したことで知られる。

■ 関連書籍

いとうまさみ [生]1919.9.21.兵庫,明石[没]2010.12.27.東京英米法学者,憲法学者,最高裁判所判事。1943年東京帝国大学法学部を卒業,その後特別研究生となり,当時は敵国であったイギリス,アメリカ合衆国の法律の研究を続けた。第2次世界大戦後の1948年東京大学助教授となり,1954年からアメリカのハーバード大学,スタンフォード大学に留学,帰国後の1957年に東大教授に就任し,新憲法のもとでのさまざまな制度改革に関する研究を行なった。1959年に発表した『言論・出版の自由――その制約と違憲審査の基準』は高く評価され,日本学士院賞を受賞。1980~89年最高裁判所の裁判官を務め,言論・表現の自由に関する主要な憲法裁判にかかわった。信教の自由,政教分離の原則が問題となった「自衛官合祀訴訟」の大法廷判決(1988)では,合憲判決にただ一人反対意見を表明するなど,独自の立場から卓越した意見を述べた。1994年文化功労者に選ばれ,1999年文化勲章を受章した。 (引用元 コトバンク)

「伊藤正己」と関連する人物

連想語句
  • 最高
  • 裁判所
  • 裁判官
  • パブリック
  • フォーラム
  • プライバシー
  • 住友商事
  • 共編
  • 名誉教授
  • 学士院
  • 役職
  • 憲法
  • 日本
  • 東京大学
  • 翻訳
  • 自由
  • 英米
  • 著書
  • 表現
  • 関連
  • 伊藤
  • 会員
  • 判事
  • 名前
  • 専門
  • 専門書
  • 政治
  • 正元
  • 法律
  • 社長
  • 誤記
  • 関係性