生年月日データベース

加藤周一かとうしゅういち

評論家[日本]

1919年 9月19日

2008年 12月5日 死去享年90歳

加藤 周一(かとう しゅういち、1919年(大正8年)9月19日 - 2008年(平成20年)12月5日)は日本の評論家。
医学博士(専門は内科学、血液学)。
妻は評論家・翻訳家の矢島翠。
上智大学教授、イェール大学講師、ブラウン大学講師、ベルリン自由大学およびミュンヘン大学客員教授、ブリティッシュ・コロンビア大学教授、立命館大学国際関係学部客員教授、立命館大学国際平和ミュージアム館長などを歴任。
哲学者の鶴見俊輔、作家の大江健三郎らと結成した「九条の会」の呼びかけ人。
生涯 医学から文学へ 東京府豊多摩郡渋谷町金王町(現在の東京都渋谷区渋谷)出身。
父は埼玉県の地主の次男で、渋谷町立常磐松尋常小学校(現・渋谷区立常磐松小学校)から東京府立一中(現・東京都立日比谷高等学校)、旧制第一高等学校理科乙類(現・東京大学教養学部)を経て東京帝国大学医学部に進学。
同大学において青山胤通に師事したのち、1943年に東京帝国大学医学部卒業、医院を開業。
その一方で、学生時代から文学に関心を寄せ、在学中に中村真一郎・福永武彦らと「マチネ・ポエティク」を結成。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

かとうしゅういち [生]1919.9.19.東京,渋谷[没]2008.12.5.東京,世田谷評論家,小説家,医師。第一高等学校理科を経て1943年東京帝国大学医学部を卒業。その間,福永武彦,中村真一郎,窪田啓作らと文学グループ「マチネ・ポエティク」を結成して定型詩の詩作を試み,また避暑地の長野県追分で堀辰雄の知遇を得た。第2次世界大戦後,中村,福永との共著『1946文学的考察』(1947)で認められ,『近代文学』の同人に参加,文芸批評の筆をとった。次いで小説を試み,『ある晴れた日に』(1949),『運命』(1956),『神幸祭』(1959)などの長編小説を書いた。国際的な視野で日本文化を再検討するという課題をみずからに課し,評論集『雑種文化』(1956)などの著書がある。1960年以降,カナダのブリティシュコロンビア大学をはじめ国内外の大学で教鞭をとった。2004年には大江健三郎らと,憲法9条を守るため「九条の会」を結成した。ほかに,自伝的回想の『羊の歌』(1968),『続羊の歌』(1969),日本美術論『称心独語』(1972),短編小説集『幻想薔薇都市』(1973),『日本文学史序説』(上巻,1975,下巻,1980),『加藤周一著作集』(全24巻,1978~97)など。2000年レジオン・ドヌール勲章受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大学
  • 教授
  • 医学
  • 立命館大学
  • 国際
  • 評論家
  • 講師
  • ブラウン
  • ブリティッシュコロンビア
  • ベルリン
  • ミュンヘン
  • ミュージアム
  • 上智大学
  • 中将
  • 博士
  • 大江健三郎
  • 客員
  • 岩村清一
  • 平和
  • 文学
  • 海軍
  • 生涯
  • 矢島翠
  • 科学
  • 自由
  • 血液
  • 鶴見俊輔
  • イェール
  • エール
  • マクシミリアン
  • ルートヴィヒ
  • 作家
  • 哲学者
  • 大叔父
  • 学部
  • 専門
  • 教育
  • 日本
  • 歴任
  • 結成
  • 翻訳家
  • 関係
  • 館長