誕生日データベース

稲本潤一いなもとじゅんいち

男子サッカー選手[日本]

1979年 9月18日

稲本 潤一(いなもと じゅんいち、1979年9月18日 - )は、鹿児島県姶良郡湧水町生まれ、大阪府堺市育ちのプロサッカー選手。
Jリーグ ディビジョン2・北海道コンサドーレ札幌所属。
元日本代表。
ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。
2002年、2006年、2010年と3大会連続でFIFAワールドカップに出場し、2002年大会では2得点を挙げ、日本代表初のベスト16に貢献している。
妻はモデルの田中美保。
生後まもなく鹿児島県から大阪に転居。
6歳の時に堺市の青英学園幼稚園でサッカーボールに触れる。
堺市立深井西小学校へ入学するも同校のサッカー部は5年生からであったため、稲本の才能を惜しんだ周囲が青英学園SCに参加出来るよう取り計らった。
少年時、既に体格も良く体当たりを利用したドリブルでの突破を得意としていた。
同世代の選手が稲本にタックルをしたら逆に怪我をした。
稲本のシュートをセービングしたGKが腕を骨折した。
等の逸話が残っている。
小学校5年生時「大阪トレセン」、小学校6年生時「関西トレセン」に続き「12歳以下ナショナルトレセン」に選抜。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 代表
  • クラブ
  • サッカー
  • リーグ
  • 時代
  • モデル
  • 個人
  • 所属
  • 日本
  • エピソード
  • ガンバ大阪
  • コンサドーレ札幌
  • タイトル
  • ディフェンダー
  • プロ
  • ミッドフィールダー
  • ワールドカップ
  • 北海道
  • 堺市
  • 大会
  • 復帰
  • 成績
  • 海外
  • 田中美保
  • 選手
  • ファッション
  • ベスト
  • ポジション
  • 出場
  • 大阪府
  • 貢献
  • 連続