誕生日データベース

江見水蔭

作家[日本]

(明治2年8月12日生)

1869年 9月17日

江見水蔭 - ウィキペディアより引用

江見 水蔭(えみ すいいん、明治2年8月12日(1869年9月17日) - 昭和9年(1934年)11月3日)は、小説家、翻案作家、雑誌発行者、紀行家、冒険家。
本名忠功(ただかつ)。
岡山県岡山市生れ。
文学作品を皮切りに、通俗小説、推理小説、冒険小説、探検記など多岐に渡る分野に作品を残し、硯友社、江水社、博文館など数々の出版社で雑誌の編集発行に関わった。
代表作に小説『女房殺し』、『地底探検記』、随筆『自己中心明治文壇史』、翻案戯曲『正劇 室鷲郎』など。
生涯と作品 生い立ち 江見忠功は岡山の一番町一番屋敷に生れた。
父の鋭馬は水蔭が幼少の頃死去。
1881年(明治14年)、叔父の水原久雄の勧めで軍人を志して上京したが、次第に文学に惹かれるようになり、15歳のときに軍人を諦める。
明治18年、従兄の富田嘉則のもとに預けられ、東京英語学校に通いながら、杉浦重剛の称好塾に入り同人誌『毎週雑誌』を発刊する。
19歳の時に『毎週雑誌』に水蔭亭居士名義で掲載した韻文「賤のふせや」の上巻が、川那辺貞太郎の推薦で『日本文芸雑誌』に掲載され、下巻は1887年(明治20年)に『日本之女学』に掲載され、以後同誌に小説や新体詩を寄稿し、「桜かな」「驚く鷗」の連載がある。

■ 関連書籍

1869-1934 明治時代を中心に活躍した作家。岡山県生まれ。本名、忠功(ただかつ)。 硯友社同人であったが、のち大衆小説を書き、SF・冒険小説の先駆者としても知られている。 小説「女房殺し」「地底探検記」、回想記「自己中心明治文壇史」など。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 小説
  • 生涯
  • 作家
  • 紀行
  • 翻案
  • 冒険
  • 冒険家
  • 博文館
  • 友社
  • 小説家
  • 岡山市
  • 岡山県
  • 探検記
  • 探険
  • 晩年
  • 江水
  • 活動
  • 関連
  • 雑誌
  • ただかつ
  • 中心
  • 代表作
  • 出版社
  • 分野
  • 地底
  • 多岐
  • 女房
  • 忠功
  • 戯曲
  • 推理
  • 数々
  • 文壇
  • 文学
  • 明治
  • 本名
  • 正劇
  • 発行
  • 発行者
  • 皮切り
  • 編集者
  • 自己
  • 随筆