生年月日データベース

三木淳みきじゅん

写真家ジャーナリスト[日本]

1919年 9月14日

1992年 2月22日 死去享年74歳

三木淳(みき じゅん、1919年(大正8年)9月14日 - 1992年(平成4年)2月22日)は日本の写真家。

吉田茂の葉巻をくわえた姿のスナップなどを撮ったことで知られる報道写真 報道写真家。

その作品は雑誌ライフ (雑誌) LIFEでも掲載され、日本の報道写真の基礎を築いた。

ニッコールクラブ会長、日本大学芸術学部教授、日本写真家協会会長、日本写真作家協会会長などを務めた。

1999年には彼の功績を讃え、「三木淳賞」(ニコンサロンで行われる35歳以下の公募展Juna 21の最優秀人物に与えられる)が設立された。

1919年、岡山県児島郡藤戸町(現・倉敷市藤戸町)に生まれる。

1943年、慶應義塾大学経済学部卒業。
在学中から亀倉雄策、土門拳に師事。
同郷の石津良介に土門を紹介。

■ 関連書籍

(1919年〜1992年) 報道写真家。 木村伊兵衛や土門拳、名取洋之助とともに報道写真の草分けとなる。特に、1951年の「LIFE」の表紙「葉巻をくわえた吉田茂」で話題をさらった。 没後、「三木淳賞」を制定される。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ニコン
  • 写真家
  • 日本
  • 写真
  • 協会
  • 会長
  • 作品
  • 報道
  • クラブ
  • サロン
  • ニッコール
  • 三木
  • 主要
  • 作家
  • 倉敷市
  • 児島郡
  • 受賞歴
  • 吉田茂
  • 岡山県
  • 日本大学
  • 関連
  • 雑誌
  • きっかけ
  • ジャーナリスト
  • フォト
  • ポートレート
  • ライフ
  • 使用
  • 優秀
  • 公募
  • 功績
  • 基礎
  • 姿
  • 学部
  • 掲載
  • 教授
  • 機材
  • 活躍
  • 海外
  • 芸術
  • 葉巻
  • 藤戸
  • 藤戸町
  • 設立