生年月日データベース

旭天鵬勝きょくてんほうまさる

相撲力士、現・友綱親方[モンゴル→日本]

(最高位は西関脇)

1974年 9月13日

旭天鵬勝 - ウィキペディアより引用

旭天鵬 勝(きょくてんほう まさる、1974年9月13日 - )は、モンゴル国ウランバートル市ナラフ区ナライハ町出身で、大島部屋→友綱部屋に所属していた元大相撲力士。
本名は太田 勝(おおた まさる)、モンゴル名(帰化前)は ニャムジャウィーン・ツェウェグニャム(モンゴル語キリル文字表記:Нямжавын Цэвэгням、ラテン文字転写:Nyamjavyn Tsevegnyam)。
所属していた大島部屋の師匠だった2代大島(元大関・旭國)の養子(婿養子ではない)で、現在は年寄・4代大島として友綱部屋にて後進の指導に当たっている。
愛称は「テンホー」(四股名に由来)で、30歳代後半以降でも幕内力士として活躍したことから、マスコミでは「角界のレジェンド」とも形容されていた。
現役時代の体格は身長191cm・体重161kgで、長身による懐の深さを生かした取り口で知られた。
得意手は右四つ、寄り。
最高位は西関脇(2003年7月場所・11月場所、2004年5月場所)。
1992年2月に旭鷲山や旭天山らと共に来日して大島部屋に入門し、大相撲史上初のモンゴル出身力士の1人として同年3月場所において初土俵を踏む。

きょくてんほう-まさる 1974-平成時代の力士。1974年9月13日生まれ。平成4年(1992)来日し,大島部屋に入る。初土俵4年3月,新十両8年3月,新入幕10年1月。新三役14年1月。17年日本に帰化。18年モンゴルのスポーツ功労賞を受賞。24年大島部屋が閉鎖されたため友綱部屋へ移籍。同年5月幕内優勝。初のモンゴル出身力士として長年活躍し,27年7月40歳で引退。年寄4代大島を継ぐ。幕内戦歴は697勝,99場所,関脇3場所,小結9場所,敢闘賞7回,金星2個。モンゴル・ナライハ出身。本名は太田勝。前名(モンゴル名)はニャムジャウィーン・ツェウェグニャム。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 場所
  • 友綱
  • 文字
  • 力士
  • 年寄
  • 時代
  • 現役
  • 襲名
  • キリル
  • モンゴル語
  • ラテン
  • 中堅
  • 優勝
  • 円熟期
  • 取り口
  • 大島
  • 大相撲
  • 平幕
  • 後期
  • 若手
  • 関脇
  • おおた
  • ツェウェグニャム
  • テンホー
  • ニャムジャウィーン
  • マスコミ
  • モンゴル
  • レジェンド
  • 以降
  • 体格
  • 初優勝
  • 史上
  • 右四つ
  • 四股名
  • 太田
  • 師匠
  • 帰化
  • 幕内
  • 形容
  • 後進
  • 得意手
  • 愛称
  • 所属
  • 指導
  • 最年長
  • 最高位
  • 本名
  • 活躍
  • 現在
  • 由来
  • 西
  • 角界
  • 転写
  • 長身