生年月日データベース

長友佑都ながともゆうと

男子サッカー選手[日本]

1986年 9月12日

長友佑都 - ウィキペディアより引用

長友 佑都(ながとも ゆうと、1986年9月12日 - )は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。
セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ所属。
ポジションはディフェンダー(サイドバック)及びミッドフィールダー(サイドハーフ、ウイングバック)。
日本代表。
生い立ち スポーツ一家の第二子として生まれ、母方の祖父は第1回小倉競輪出走者である元競輪選手の吉田達雄。
達雄の弟で同じく元競輪選手の吉田実は大叔父にあたる。
父方の祖父は明治大学出身の元ラガーマン。
小学校1年生時にサッカーを始め、6年時に愛媛FCジュニアユースのセレクションを受けるも不合格。
西条市立北中学校時代に恩師である井上博に出会い、この時期の走り込みにより現在の豊富な運動量のベースが作られた。
サッカーの強豪東福岡高校では、森重潤也のもと2年生時に1ボランチとしてレギュラー入りしたが、地区選抜などには選ばれず全国的には無名だったためスポーツ推薦を得られず、進学先の明治大学政治経済学部には指定校推薦で入学した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。1986年9月12日生まれ。身長170cm、体重68kg。血液型O型。ポジションはディフェンダー。 小学校からサッカーを始め、中学校入学時には愛媛FCの育成チーム(ジュニアユース)の入団テストを受けるが、不合格。市立西条北中学校サッカー部に入部。井上博監督(現・新居浜市立北中教諭)との出会いが転機となって練習に打ち込むようになり、3年の秋には同監督の指導により公式戦終了後に駅伝出場を目指して走り込みを行い、持ち味となるスタミナが養われた。 中学卒業後、サッカーの強豪、東福岡高校に進学。しかし無名選手のまま卒業し、明治大学に入学した。その後、ポジションをミッドフィルダーからサイドバックに転向したことで、資質が開花。攻守にタッチライン際を何度も往復するポジションで、持久力が求められ、長友自身、「天職だった」と語っている。2年時にU-22日本代表に選ばれ脚光を浴びる。同大とFC東京との練習試合の機に才能を見出され、大学に籍を置いたまま、2008年にFC東京と正式契約。開幕からスターティングメンバーとして出場し、同年5月、日本代表に初選出、8月の北京オリンピック出場を果たす。日本代表チームでの背番号は5。09年、Jリーグ・ベストイレブン受賞。 10年6月、南アフリカで開催されたFIFAワールドカップ大会において、カメルーン代表FWエトー(インテル)らを封じた活躍により、7月、イタリア1部リーグ(セリエA)のチェゼーナに移籍金推定180万ユーロ(約2億円)の買い取りオプション付きでレンタル移籍した。その後、セリエAの移籍市場最終日である11年1月31日、移籍交渉期限のわずか3分前 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 時代
  • ガラタサライ
  • サッカー
  • インテル
  • エピソード
  • サイド
  • スタイル
  • スュペル
  • タレント
  • チェゼーナ
  • ディフェンダー
  • バック
  • バラエティ
  • プレー
  • ミッドフィールダー
  • ミラノ
  • リグ
  • 代表
  • 平愛梨
  • 日本
  • 明治大学
  • 東京
  • 経営
  • 選手
  • ウイング
  • ハーフ
  • プライベート
  • ポジション
  • 所属