生年月日データベース

加藤卓男かとうたくお

陶芸家[日本]

1917年 9月12日

加藤 卓男(かとう たくお、1917年(大正6年)9月12日 - 2005年(平成17年)1月11日)は、陶芸家。
ラスター彩、青釉、奈良三彩、ペルシア色絵、正倉院三彩などを再現。
1917年(大正6年)岐阜県多治見市に生まれる。
父加藤幸兵衛に師事。
1935年(昭和10年)岐阜県多治見工業学校(岐阜県立多治見工業高等学校)卒業。
1938年(昭和13年)陸軍に入隊。
1945年(昭和20年)徴兵された広島市で被爆。
白血病を発症し約10年間、闘病生活を送る。
1965年(昭和40年)フィンランド工芸美術学校に留学。
そこからイランの窯址を訪ねペルシャ陶器の研究に尽力した。
1988年(昭和63年)紫綬褒章を受章。
1995年(平成7年)5月31日、重要無形文化財「三彩」保持者(人間国宝)認定。
2005年(平成17年)1月11日、87歳没。
故人として織部賞の特別賞を受賞。
著書 三彩の道 やきもののシルクロード 砂漠が誘う(日本経済新聞社) 関連項目 幸兵衛窯 父は5代目加藤幸兵衛 子は7代目加藤幸兵衛 (6代目は欠番)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

「加藤卓男」と関連する人物

連想語句
  • 昭和
  • 三彩
  • 学校
  • 多治見
  • 岐阜県
  • ペルシア
  • ラスター
  • 加藤幸兵衛
  • 多治見市
  • 大正
  • 奈良
  • 岐阜
  • 工業高
  • 平成
  • 広島市
  • 徴兵
  • 白血病
  • 県立
  • 紫綬
  • 色絵
  • 被爆
  • 褒章
  • 陶芸家
  • 陸軍
  • そこ
  • イラン
  • フィンランド
  • ペルシャ
  • 保持者
  • 入隊
  • 再現
  • 卒業
  • 受章
  • 尽力
  • 工業
  • 工芸
  • 師事
  • 文化財
  • 正倉院
  • 無形
  • 生活
  • 留学
  • 発症
  • 美術
  • 重要
  • 闘病
  • 陶器