生年月日データベース

矢代秋雄

作曲家[日本]

1929年 9月10日

矢代 秋雄(やしろ あきお、1929年9月10日 - 1976年4月9日)は日本の作曲家。
若い頃より英才として将来を期待され、東京音楽学校作曲科、東京藝術大学研究科を卒業した後、パリ国立高等音楽院に留学。
和声法で一等賞を得る等、優秀な成績を修めて卒業。
晩年は、作曲家として活動する一方、東京藝術大学音楽学部作曲科の主任教授として、後進の指導にあたった。
門下より、野田暉行、池辺晋一郎、西村朗など現在の日本を代表する作曲家を輩出している。
完璧主義、寡作主義で知られ、残された作品はどれも完成度が高く、再演も多い。
生涯 少年時代 矢代秋雄は、1929年9月10日、東京の大森で西洋美術、美術史を専門とする評論家、矢代幸雄の長男として生まれた。
母文は田中規矩士に学んだアマチュアのピアニストである。
また、母方の祖父は横浜第一中学校(現・神奈川県立希望ヶ丘高等学校)の校長を務めた教師であり、西洋音楽への理解があった。
家には母の嫁入道具であるヤマハ製のピアノがあり、父の溢れんばかりのクラシックのレコードがあった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 東京
  • 時代
  • 音楽
  • 大学
  • 学校
  • 藝術
  • 留学
  • パリ
  • フランス
  • 主義
  • 代表作
  • 作曲
  • 作曲家
  • 作風
  • 係累
  • 卒業
  • 和声法
  • 国立
  • 少年
  • 帰国
  • 暉行
  • 池辺晋一郎
  • 生涯
  • 翻訳
  • 荻久保和明
  • 著作
  • 西村朗
  • 野田
  • 高等
  • どれ
  • 一方
  • 主任
  • 代表
  • 作品
  • 優秀
  • 再演
  • 増補
  • 学部
  • 完成
  • 完璧
  • 寡作
  • 後進
  • 成績
  • 指導
  • 教授
  • 日本
  • 晩年
  • 校訂
  • 活動
  • 現在
  • 舞踊
  • 輩出
  • 門下
  • 音楽院