生年月日データベース

チャールズ・サンダース・パースCharles Sanders Peirce

哲学者、科学者[アメリカ]

1839年 9月10日

1914年 4月19日 死去享年76歳
チャールズ・サンダース・パース - ウィキペディアより引用

チャールズ・サンダース・パース(英: Charles Sanders Peirce、1839年9月10日 - 1914年4月19日)は、アメリカの論理学者、数学者、科学者、哲学者。
マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれ。
パースは化学者としての教育を受け、米国沿岸測量局に約三十年間、科学者として雇われていた。
現在では主に論理学、数学、哲学、記号論、およびプラグマティズムを創始したことで高い評価を受けている。
「アメリカの哲学者たちの中で最も独創的かつ多才であり、そしてアメリカのもっとも偉大な論理学者」ともいわれる。
存命中はおおむね無視されつづけ、第二次世界大戦後まで二次文献はわずかしかなかった。
莫大な遺稿の全ては今も公表されていない。
パースは自分をまず論理学者とみなし、さらに論理学を記号論(semiotics)の一分野とみなした。
1886年、彼は論理演算が電子的スイッチング回路によって実行されうると考えたが、これと同じ考えが数十年後、デジタル・コンピュータを製造するために使われた。

■ 関連書籍

Charled Sanders Peirce。哲学者・論理学者・記号学者。アメリカ最大の知性。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アメリカ
  • 合衆国
  • 学者
  • 論理
  • マサチューセッツ州
  • 哲学者
  • 沿岸
  • 測量
  • 科学者
  • 米国
  • ケンブリッジ
  • パース
  • プラグマティズム
  • 世界
  • 化学者
  • 大学
  • 大戦
  • 数学者
  • 生涯
  • 記号
  • 貧困
  • 追放
  • 離職
  • わずか
  • 一分野
  • 三十
  • 全て
  • 公表
  • 分類
  • 創始者
  • 哲学
  • 多才
  • 学問
  • 教育
  • 無視
  • 自分
  • 莫大
  • 論理学
  • 遺稿