誕生日データベース

石井一久いしいかずひさ

プロ野球選手[日本]

1973年 9月9日

石井一久 - ウィキペディアより引用

石井 一久(いしい かずひさ、1973年9月9日 - )は、千葉県千葉市若葉区出身の元プロ野球選手(投手)。
現在は吉本興業の契約社員。
マネージメントは吉本興業スポーツ部。
妻はフリーアナウンサーの木佐彩子。
プロ入り前 1989年3月に千葉市立みつわ台中学校を卒業、東京学館浦安高等学校に入学。
高校1年生時から投手を始めたが、練習試合初登板時には5回で20何点も取られたという。
その後、全国大会(甲子園)出場はならなかったものの1991年の夏には千葉県大会予選4試合で52奪三振を記録し、注目を浴びた。
石井はプロ入りを希望し、同年のプロ野球ドラフト会議で単独1位指名を受けたヤクルトスワローズに入団。
学生時代にサッカーを本格的にプレーした経験があり、「笑っていいとも!」出演時には「野球は向いてない」「サッカーをやりたかった」「知らないうちにプロ野球選手になっていた。
両親は喜んでいたけど、僕はうれしくなかった」などと話している。
サッカーは現在でも好きで、球界きってのサッカー好きである。
ヤクルト時代 1992年、新人の石井は「将来のエース」として背番号16という若い数字を与えられて期待され、日本シリーズ第3戦では前代未聞となる「レギュラーシーズンで未勝利の高卒新人ながら先発登板」を果たす。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球選手(投手)。1973年9月9日、千葉県千葉市生まれ。東京学館浦安高等学校時代に千葉県大会予選4試合で52奪三振を記録し、91年、ヤクルトスワローズに入団。翌年、日本シリーズ第3戦で先発登板し、93年、初勝利。95年には二桁勝利をあげ、97年9月2日、ノーヒットノーランを達成する。98年には、日本記録となるシーズン三振奪取率11.047を達成した。2000年、セ・リーグの最優秀防御率と最多奪三振の二冠を達成。同年、フジテレビアナウンサー・木佐彩子との結婚を発表。01年、日本シリーズ優秀選手賞を受賞。02年、ロサンゼルス・ドジャースと契約し渡米。02年シーズンは、デビュー戦10奪三振、4月のリーグ月間最優秀投手賞を獲得するなど好調だったが、後半に調子を落とす。03年、日米通算100勝を達成。05年のニューヨーク・メッツへの移籍を経て、06年、ヤクルトスワローズに復帰。07年、史上48人目となる日本通算1500奪三振を達成。08年、埼玉西武ライオンズに移籍し、日本通算100勝を達成。11年、史上20人目となる通算2000奪三振を達成。13年9月24日、同季限りの引退を表明。 (2013-9-26) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 時代
  • ヤクルト
  • 吉本興業
  • 投手
  • 選手
  • アナウンサー
  • ドジャース
  • フリー
  • プロ
  • プロ野球
  • メッツ
  • 千葉市
  • 千葉県
  • 契約
  • 年度
  • 引退
  • 復帰
  • 成績
  • 木佐彩子
  • 社員
  • 若葉区
  • 西武
  • 詳細
  • いしい
  • かずひさ
  • スポーツ
  • タイトル
  • マネージメント
  • 一久
  • 出身
  • 現在
  • 石井