誕生日データベース

岩河三郎いわかわさぶろう

作曲家[日本]

1923年 9月9日

岩河 三郎(いわかわ さぶろう、1923年9月9日 - 2013年9月16日)は、日本の作曲家。
富山県富山市生まれ。
1947年、東京音楽学校(現・東京藝術大学)声楽科卒業。
後に作曲家となり平井康三郎、池内友次郎に師事。
日本童謡協会理事、山口大学教授を歴任。
日本作曲家協議会会員。
合唱作品の作曲家として知られている一方、NHKでも放送・レコード関係の作曲・編曲などを手がけた。
吹奏楽作品も全日本吹奏楽コンクール用に多く作曲している。
また、作曲のみならず作詞も数作手がけている。
次女は、岩河智子(いわかわ・ともこ、作曲家、札幌室内歌劇場音楽監督) 作曲家として 旧来の和声や技法を用いた作風のためか、とりわけ合唱作品では子供向けのものが多い。
1970年代後半には、NHKやTBS主催の合唱コンクールにおいて岩河の曲を「自由曲」として選択する小中学校が非常に多かった。
1965年に村野四郎作詞で作られた『巣立ちの歌』は1991年に『旅立ちの日に』が作られるまで、小中学校の卒業式で最も歌われる曲の一つであった。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「岩河三郎」と関連する人物

連想語句
  • 作曲家
  • 日本
  • 作品
  • 東京
  • 出典
  • 協会
  • 協議会
  • 合唱
  • 合唱曲
  • 吹奏
  • 声楽
  • 大学
  • 富山市
  • 富山県
  • 山口大学
  • 平井康三郎
  • 放送
  • 教授
  • 校歌
  • 楽曲
  • 池内友次郎
  • 理事
  • 社歌
  • 童謡
  • 藝術
  • 一方
  • 会員
  • 卒業
  • 学校
  • 師事
  • 日本放送協会
  • 歴任
  • 音楽