生年月日データベース

倉本聰くらもとそう

脚本家演出家[日本]

1934年 12月31日 生 (満83歳)

倉本 聰(くらもと そう、戸籍上は1935年1月1日(実際は1934年12月31日)- )は、日本の脚本家・劇作家・演出家。
本名山谷馨。
夫人は女優の平木久子(演劇集団 円所属)。
東京府(現・東京都)出身。
父・山谷太郎(1899年 - 1952年)は春潮という俳号を持つ俳人で、『野鳥歳時記』(1943年)を残した。
両親はともにクリスチャンだった。
戦時中は山形市上山市や岡山県金光町に疎開。
このうち、上山への疎開は政府が実施した学童集団疎開によるもので、都会育ちの倉本は大きなカルチャーショックを受けた。
東京に帰りたいと考えた倉本は仮病を使って数か月後には東京に戻ることに成功した。
この体験は、『北の国から』の最初の連続シリーズにおいて、純が東京に帰りたがって起こす行動のヒントにしたと記している。
また、金光へは1945年4月から1年間、一家6人で疎開していた。
豊島師範附属小学校(現・東京学芸大学附属小金井小学校)から麻布中学校・高等学校を経て東京大学文学部美学科卒業。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

くらもとそう [生]1935.1.1.東京放送作家。本名山谷馨(やまやかおる)。1959年東京大学美学科卒業後,ニッポン放送に入社。62年退社し,『君は海を見たか』など映画の脚本を手がけたのち,NHKテレビの連続時代劇『文吾捕物絵図』『赤ひげ』などのシナリオで新風を吹込んだ。以後,『前略おふくろ様』『うちのホンカン』『6羽のかもめ』などで,人間の心のひだを情感あふれる筆致で描く。77年北海道富良野に移り住み,後進を育成するために富良野塾を創設。81年から富良野を舞台にした『北の国から』シリーズを発表する。ほかに,みずから監督した映画『時計』など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • テレビ
  • 作品
  • テレビドラマ
  • ドキュメンタリー
  • ラジオ
  • 久子
  • 人間
  • 出演
  • 受賞歴
  • 平木
  • 文学部
  • 映画
  • 東京
  • 東京大学
  • 東京都
  • 演出家
  • 演劇
  • 舞台
  • 著書
  • 関係
  • 関連
  • 集団
  • 出身
  • 卒業
  • 夫人
  • 女優
  • 山谷
  • 所属
  • 本名
  • 美学科