生年月日データベース

澤穂希さわほまれ

女子サッカー選手[日本]

1978年 9月6日 生 (満40歳)

澤穂希 - 元女子サッカー選手

澤 穂希(さわ ほまれ、1978年9月6日 - )は、東京都府中市出身の元女子サッカー選手。
元サッカー女子日本代表。
ポジションはミッドフィールダー。
6度のW杯と4度の五輪に出場。
2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会で得点王とMVPを獲得。
2011年度FIFA最優秀選手賞受賞者。
日本女子代表では歴代トップの出場数とゴール数を記録している(205試合83得点)。
経歴・人物 府中市立若松小学校、府中市立第五中学校、東京都立南野高等学校(現:東京都立若葉総合高等学校)を卒業。
帝京大学中退。
左利き。
日本代表になるまで 小学2年のとき、東京府中市にある「府ロクサッカークラブ」に兄とともに入団を希望する。
女の子ということで入団を渋られるが、母の努力により仮入団となる。
その後、地元の「狛江杯」で、コーチの勧めにより試合に出場。
いきなりゴールを決め、地元紙のニュースに取り上げられ、以後、正式に入団となる。
また、チームメイトも澤を女の子として扱わなくなったと言う。
このころは練習も遊びも年上の男子ばかりであり、それが女子としては突出したキック力やスキルが身に付いた理由だと本人が述べている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

女子サッカー選手。1978年9月6日生まれ、東京都府中市出身。2011年、ドイツで行われたFIFA女子ワールドカップで、日本女子代表チーム「なでしこジャパン」を優勝に導いたキャプテン。司令塔として有能なミッドフィールダー。テクニック、スピード、パワー、決定力、チームを率いる人間性と、様々な面で抜きんでていると評価されている。 小学校に上がる頃、1歳上の兄の影響でサッカーを始めた。当時は女子チームがなかったため、小学2年生になると男子に混じって試合に出るようになる。その頃からテクニックもぶつかっていく勇気も男子以上だったと伝えられている。「なぜ女の子がサッカーを」といじめられることもあったが、「私はプロになって見返してやるからと思いなさい」という母の言葉など家族に支えられ、持ち前の負けん気と努力でぐんぐん上達していった。 中学に上がり、読売(現・日テレ)SCベレーザのユースチームに入団すると、すぐにトップチームに抜擢(ばってき)され、全国リーグに出場するようになる。中学3年生、15歳で日本代表に選ばれ、1995年のFIFA女子ワールドカップ・スウェーデン大会、96年のアトランタ・オリンピックに出場。その後、帝京大学に進学するが、高いレベルのサッカーを目指して99年に中退し、アメリカのコロラド・デンバー・ダイヤモンズに。翌年アトランタ・ビートに移籍して活躍。だが、2004年、アメリカ女子サッカーリーグWUSA休止により帰国、日テレ・ベレーザに再入団した。11年、INAC神戸レオネッサに移籍。 日本代表として18年間、5回のワールドカップ、3回のオリンピックを経験しており、優勝した11年のFIFA …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 女子
  • ワールドカップ
  • 代表
  • 日本
  • サッカー
  • 優勝
  • 選手
  • ゴール
  • ポジション
  • ミッドフィールダー
  • 個人
  • 優秀
  • 出場
  • 引退
  • 成績
  • 現役
  • 競技歴
  • オリンピック
  • スポーツ
  • タイトル
  • トップ
  • ドイツ
  • 五輪
  • 受賞者
  • 大会
  • 得点
  • 歴代
  • 獲得
  • 競技
  • 記録