生年月日データベース

早乙女貢さおとめみつぐ

作家[日本(旧満州)]

1926年 1月1日

2008年 12月23日 死去胃がん享年83歳

早乙女 貢(さおとめ みつぐ、1926年1月1日 - 2008年12月23日)は、日本の歴史小説・時代小説作家。
満州・ハルビン生まれ。
本名は鐘ヶ江秀吉、ペンネームは「若い娘に金品を貢ぐ」の意味。
慶應義塾大学文学部中退。
代表作に吉川英治文学賞を受賞した『會津士魂』など。
生い立ち 曾祖父の為親が会津藩士で、戊辰戦争後にアメリカに渡り、いったん横浜に帰国するがすぐに上海に渡り、一家は中国に住む。
1926年1月1日、ハルビン市ポツレヤ街10号3番地4で生まれ、父茂一届出、同月12日ハルビン駐在総領事天羽英二受付、同月28日送付入籍。
1946年に九州に引き揚げる。
1948年に上京し、1954年頃に山本周五郎に師事、『講談倶楽部』などの倶楽部雑誌や新聞に作品を発表。
1955年頃、倶楽部雑誌新人賞受賞者の集まり「泉の会」に所属し、そのメンバー伊藤桂一、尾崎秀樹らと同人誌「小説会議」を1956年に創刊、掲載作の歴史小説「鬼の骨」「叛臣伝」で直木賞候補。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    作家が語る 武将列伝
    歌手
    朗読
    発売元
    avex club
    発売日
    2008年9月29日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 27,800 より
連想語句
  • 作品
  • 士魂
  • ハルビン
  • リスト
  • 会津
  • 作家
  • 受賞歴
  • 吉川英治
  • 外国語
  • 慶應義塾大学
  • 文学
  • 文学部
  • 映像
  • 會津
  • 満州
  • ペンネーム
  • 中退
  • 代表作
  • 受賞
  • 意味
  • 曾祖父
  • 本名
  • 為親
  • 秀吉
  • 金品
  • 鐘ヶ江