誕生日データベース

岡本敏子おかもととしこ

作家[日本]

1926年 1月1日

岡本敏子 - ウィキペディアより引用
岡本 敏子(おかもと としこ、1926年(大正15年)1月1日 - 2005年(平成17年)4月20日)は、画家の岡本太郎のパートナーであり、養女。
実質的な妻でもあった。
千葉県出身。
旧姓は平野。
1926年(大正15年)1月1日、千葉県に生まれる。
東京女子大学文理学部卒業。
出版社勤務を経て、岡本太郎主催「夜の会」で太郎と親しくなり秘書となった。
事実上の妻であり、のちに太郎の養女となる。
1996年(平成8年)正月早々に太郎が急逝した際、未完の作品が数点のこっていたが、これらの全作品のその後の製作・仕上げにすべて監修として携わり、また太郎のアトリエ兼自宅を美術館として改装・公開を行った。
その後、岡本太郎記念館の館長になる。
太郎がメキシコで創作後、行方不明になっていた壁画『明日の神話』の捜索・補修に尽力した。
2005年(平成17年)4月、自宅の浴室で心不全のため死去した。
享年79。
テレビドラマ「TAROの塔」第4回の描写(大森寿美男脚本)にもあるように、太郎の生前から一般に太郎が大きく評価されることを望んでいた敏子は、その死後、インタビューや著書によって太郎の再評価をはたらきかけた。

■ 関連書籍

連想語句
  • 太郎
  • 岡本太郎
  • 千葉県
  • メキシコ
  • 大森寿美男
  • 女優
  • 平成
  • 心不全
  • 明日
  • 東京女子大学
  • 神話
  • 秘書
  • 自宅
  • 著書
  • 記念館
  • 養女
  • これら
  • すべて
  • アトリエ
  • テレビドラマ
  • パートナー
  • 主催
  • 享年
  • 作品
  • 全作品
  • 公開
  • 出版社
  • 出身
  • 創作
  • 勤務
  • 卒業
  • 壁画
  • 大正
  • 学部
  • 尽力
  • 平野
  • 急逝
  • 捜索
  • 描写
  • 改装
  • 文理
  • 旧姓
  • 未完
  • 正月
  • 死去
  • 浴室
  • 生前
  • 画家
  • 監修
  • 縁組
  • 美術館
  • 脚本
  • 行方不明
  • 補修
  • 製作
  • 養子
  • 館長