生年月日データベース

ホセ・ペケルマンJose Nestor Pekerman

男子サッカー選手、監督[アルゼンチン]

1949年 9月3日 生 (満69歳)

ホセ・ペケルマン - ウィキペディアより引用

ホセ・ペケルマン(José Néstor Pekerman Krimen , 1949年9月3日 - )は、アルゼンチン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。
現役時代のポジションはミッドフィールダー(右サイドハーフ)。
世代別アルゼンチン代表監督として有名になり、南米ユース選手権では2度、FIFA U-20ワールドカップでは3度優勝した。
2004年から2006年にはアルゼンチン代表を指揮し、2012年にはコロンビア代表監督に就任した。
選手 1970年にアルヘンティノス・ジュニアーズからデビューし、1974年までに134試合に出場して12得点を挙げた。
1974年にコロンビアのインデペンディエンテ・メデリンに移籍し、101試合に出場して15得点を挙げた。
1977年、28歳の時に膝の負傷が原因で現役引退し、家族を支えるためにタクシー運転手など様々な職を転々とした。
指導者 = ユース年代監督 = 現役引退後にアルゼンチンに戻ると、CAチャカリタ・ジュニアーズやアルヘンティノス・ジュニアーズの下部組織の監督を務め、さらにチリのCSDコロコロでも同じポジションに就いた。

José Néstor Pékerman Krimen アルゼンチンの元サッカー選手、現サッカー指導者。選手時代のポジションはミッドフィールダー。 1949年9月3日生まれ。 現役時代はアルヘンティノス・ジュニアーズやコロンビアのインデペンディエンテ・メデジンでプレーした。 現役引退後は指導者となり、アルヘンティノス・ジュニアーズなどの下部組織の監督を務めた。 1993年、アルゼンチンのクラブユースを調査して、育成方針をレポートにまとめた。それを見てAFAはペケルマンにすべてのユース代表を委ねることにした。以後彼はアルゼンチン代表の基礎を育て、多くの人材を輩出することになる。 1994年、U-20とU-17のアルゼンチン代表監督に就任。 1995年、FIFAワールドユース選手権で優勝。FIFA U-17世界選手権で3位を獲得。 1996年、アトランタオリンピックにて準優勝を獲得。この時のメンバーであるマティアス・アルメイダ、エルナン・クレスポ、ハビエル・サネッティらペケルマンの教え子が初めて世界の檜舞台に上がった。 1997年、FIFAワールドユース選手権で再び優勝。この時のメンバーがパブロ・アイマール、ファン・ロマン・リケルメ、ディエゴ・プラセンテ、リオネル・スカローニ、ワルテル・サムエル、エステバン・カンビアッソである。 1998年、ダニエル・パサレラ監督の辞任後、A代表監督就任を要請されたが、マルセロ・ビエルサを推薦。 2001年、FIFAワールドユース選手権で3度目の優勝を果たした。メンバーはアンドレス・ダレッサンドロ、ハビエル・サビオラ、ファブリシオ・コロッチーニ、マウロ・ロサレス、ニコラス・メディーナ …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 代表
  • 監督
  • アルゼンチン
  • サッカー
  • コロンビア
  • ユース
  • 選手
  • 指導者
  • タイトル
  • ミッドフィールダー
  • ワールドカップ
  • 個人
  • 南米
  • 家族
  • 年代
  • 選手権
  • サイド
  • ハーフ
  • ポジション
  • 世代
  • 優勝
  • 同国
  • 就任
  • 指揮
  • 時代
  • 有名
  • 現役