誕生日データベース

水田洋みずたひろし

思想史家[日本]

1919年 9月3日

水田 洋(みずた ひろし、1919年9月3日 - )は、日本の思想史家。
日本の社会思想史研究の代表的人物で、世界でのアダム・スミス研究推進者の一人。
1998年12月日本学士院会員に就任。
18世紀スコットランド研究国際学会 (Eighteenth-Century Scottish Studies Society) 生涯業績賞を2001年に受賞。
名古屋大学名誉教授、名古屋大学高等研究院アカデミー会員。
水田からの寄付金により名古屋大学では「水田賞」を設置し、人文・社会科学(思想史)の若手研究者を表彰している。
宮本憲一(環境経済学、大阪市立大名誉教授)や、安藤隆穂(思想史家、名古屋大名誉教授、日本学士院賞)、永井義雄(思想史家、名古屋大名誉教授、元一橋大教授)、植村邦彦(思想史家、関西大学教授)らは水田ゼミ出身。
妻は水田珠枝(フェミニズム思想史研究者、名古屋経済大学名誉教授)。
生い立ち 東京都港区生まれ。
府立一中の校風を嫌い、中学4年で東京商科大学(現一橋大学)予科に進学、英語は西川正身に習った。

■ 関連書籍

連想語句
  • 名誉教授
  • 学士院
  • 思想
  • 日本
  • 名古屋大学
  • 教授
  • 史家
  • 水田
  • アダム
  • スミス
  • フェミニズム
  • 会員
  • 名古屋大
  • 名古屋経済大学
  • 安藤隆穂
  • 宮本憲一
  • 植村邦彦
  • 水田珠枝
  • 永井
  • 研究者
  • 義雄
  • スコットランド
  • ゼミ
  • 一人
  • 一橋大
  • 人文
  • 出身
  • 受賞
  • 国際
  • 大阪市立大
  • 学会
  • 寄付金
  • 就任
  • 推進者
  • 業績
  • 環境
  • 生涯
  • 社会
  • 科学
  • 経済
  • 若手
  • 表彰
  • 設置
  • 関西大学