生年月日データベース

アルマンド・トロヴァヨーリArmando Trovajoli

作曲家[イタリア]

1917年 9月2日

アルマンド・トロヴァヨーリ - ウィキペディアより引用

アルマンド・トロヴァヨーリ(Armando Trovajoli, 1917年9月2日 - 2013年2月28日)は、イタリアの作曲家、指揮者である。
ジャズの分野で、200作を超える映画音楽を手がけている。
『ふたりの女』、『昨日・今日・明日』、『あゝ結婚』、『あんなに愛しあったのに』の作曲で知られる。
来歴・人物 1917年9月2日、イタリアのラツィオ州ローマ県ローマで生まれる。
父はヴァイオリン奏者で、アルマンドもヴァイオリンを学び、のちにピアノと作曲をサンタ・チェチーリア音楽院に学んだ。
1962年2月14日、女優のピア・アンジェリと結婚、翌1963年1月8日、ふたりの間にハワード・アンドリュー・ルガンティーノが生まれる。
1966年、マルコ・ヴィカリオ監督の『黄金の七人』でナストロ・ダルジェント作曲賞を初受賞する。
1969年、妻ピア・アンジェリと離婚、ピアは2年後にバルビツール酸系薬物の過剰摂取で死去している。
1972年6月7日、歌手のマリア・パオラ・サピエンツァと正式に結婚、のちに次男ジョルジョが生まれる。

■ 映像作品

■ 音楽作品

Armando Trovajoli イタリアの映画音楽家。 1917年9月2日、生まれ。2013年2月28日、死去。 「黄金の七人」で知られる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • ふたり
  • ジャズ
  • フィルモグラフィ
  • 今日
  • 作曲家
  • 指揮者
  • 明日
  • 昨日
  • 結婚
  • 音楽
  • 作曲
  • 分野