生年月日データベース

笹本恒子

写真家[日本]

1918年 9月1日

笹本 恒子(ささもと つねこ、1914年9月1日 - )は、日本の写真家。
一般に「女性報道写真家第一号」とされる。
肖像写真も得意とする。
従来、1918年(9月1日)生まれとする文献があったが(例えば、下記「参考文献」欄記載の「日本写真家事典」)、2011年に刊行された「好奇心ガール、いま97歳」(下記「著書」を参照)により1914年生まれであることが明確にされた。
東京品川区出身。
高等専門学校の家政科に通うも、絵の勉強に専念したかったため中退。
その後、絵の研究所(父親には内緒で)および洋裁学校に通った。
戦前、女性報道写真家がいなかった頃、東京日日新聞(現在の毎日新聞)の挿絵のアルバイト(社会面のカット)として活躍後、東京日日新聞・社会部長の小坂新夫(笹本が子供のころ、笹本家の離れを借りて住んでいた)にすすめられ、(1939年に仮入社し、母親の病気を理由とする10か月の休職ののち、1940年(昭和15年)4月に)財団法人・写真協会(新聞記者・写真家の林謙一(1906年-)を中心に設立された内閣情報部による国策機関。

■ 関連書籍

ささもと-つねこ 1914-昭和後期-平成時代の写真家。大正3年9月1日生まれ。昭和15年写真協会に入会し,報道写真家として活動を開始。20年千葉新聞社に入社。22年フリーとなり,新聞,雑誌に写真,記事を提供し,多くの個展をひらく。写真集に「ふだん着の肖像昭和20-30年代を彩った100人」「輝く明治の女たち“いま”に生きる45人の肖像」「素顔の三岸節子60余年の想いをこめて」「昭和を彩る人びと私の宝石箱の中から一〇〇人」など。日本初の女性報道写真家としての長年活動にたいして,平成23年吉川英治文化賞。東京都出身。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 写真
  • 東京
  • 著書
  • 下記
  • 写真家
  • 出典
  • 品川区
  • 新聞
  • 日日
  • 毎日新聞
  • 肖像
  • 関連
  • いま
  • アルバイト
  • カット
  • ガール
  • 中退
  • 事典
  • 内緒
  • 出身
  • 刊行
  • 勉強
  • 報道
  • 女性
  • 好奇心
  • 学校
  • 家政
  • 専念
  • 従来
  • 得意
  • 戦前
  • 挿絵
  • 日本
  • 明確
  • 洋裁
  • 父親
  • 現在
  • 研究所
  • 社会面
  • 記載
  • 高等専門学校