生年月日データベース

小林よしのりこばやしよしのり

漫画[日本]

1953年 8月31日

小林 よしのり(こばやし よしのり、1953年8月31日 - )は、日本の漫画家、評論家。
「よしりん企画」社長、「ゴー宣道場」主催。
福岡県福岡市出身(出生は大野城市)。
本名、小林善範(読み同じ)。
福岡大学人文学部フランス語学科在学中、1976年に『ああ勉強一直線』を投稿しデビュー。
『東大一直線』『おぼっちゃまくん』などのヒット作を持つ。
1992年の『ゴーマニズム宣言』以降、ギャグ路線だけでなく思想的・政治思想路線などの、社会評論的な活動も行うようになる。
2002年から季刊誌『わしズム』責任編集長なども務める。
出生 (小林家) 1953年(昭和28年)に母方の寺院で二人兄妹の長男として生まれる。
父親は1927年(昭和2年)生まれ。
父は元日本兵で、昭和20年に赤紙によって徴兵されて沖縄県(沖縄戦)に行く予定だったが間に合わず宮崎県で本土決戦に備えていた。
昭和20年代に復員後に、公務員(郵便局職員)として就職、労働組合に加入してマルクス主義者になった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

【こばやしよしのり】 漫画家。福岡市生れ。福岡大学卒。大学4年の時《少年ジャンプ》の投稿作《あゝ勉強一直線》を改題した《東大一直線》でデビュー。受験戦争をギャグで笑い飛ばした作品で人気を得る。1980年代には児童漫画誌《コロコロコミック》で《おぼっちゃまくん》を連載,主人公の使う〈茶魔語〉がブームとなった。その後は《ゴーマニズム宣言》を連載。自ら作中に登場して差別問題や薬害エイズ問題など社会事象を論じるスタイルの漫画で,その主張が賛否両論を呼んだ。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 出典
  • 漫画家
  • 福岡市
  • 福岡県
  • 不足
  • 伝記
  • 善範
  • 小林
  • 期間
  • 本名
  • 活動
  • 生誕
  • 職業