生年月日データベース

イツァーク・パールマンItzhak Perlman

バイオリン奏者[イスラエル]

1945年 8月31日 生 (満73歳)

イツァーク・パールマン - ウィキペディアより引用

イツァーク・パールマン(Itzhak Perlman、1945年8月31日 - )は、イスラエルのテル・アヴィヴ生まれのヴァイオリニスト、指揮者、音楽指導者。
20世紀後半における最も偉大なヴァイオリニストの一人と評価されており、また知名度においても最も秀でたヴァイオリニストの一人である。
演奏においてのみならず、教育者としても高く評価されている。
使用楽器はストラディヴァリの『黄金期』に製作された1714年製ストラディヴァリウスのソイル。
1945年8月31日、イスラエルのテル・アヴィヴに生まれる。
両親は、ポーランドから移住したユダヤ系の理髪師で、ことさら音楽の愛好家ではなかったらしい。
3歳の時、ラジオでヴァイオリンの演奏を聴いて感動し、ヴァイオリンに強い憧れを抱く。
最初はおもちゃのヴァイオリンを遊び半分で弾いていたが、間もなく正式なレッスンを受けるようになる。
しかし、4歳3ヶ月のとき、ポリオ(小児麻痺)にかかり、下半身が不自由になってしまう。
それでもヴァイオリニストになる夢をあきらめず、幼少ながらシュミット高等学校でヴァイオリンのレッスンを続ける。

■ 映像作品

■ 音楽作品

「イツァーク・パールマン」と関連する人物

連想語句
  • ヴァイオリニスト
  • 演奏
  • ヴァイオリン
  • 楽器
  • ストラ
  • ストラディヴァリウス
  • ディ
  • ポーランド
  • ヴァリ
  • 一人
  • 指揮者
  • 評価
  • 音楽
  • おもちゃ
  • とき
  • アヴィヴ
  • イスラエル
  • ソイル
  • テル
  • ポリオ
  • ユダヤ
  • ユダヤ人
  • ラジオ
  • レッスン
  • 両親
  • 使用
  • 小児麻痺
  • 後半
  • 急性
  • 愛好家
  • 感動
  • 憧れ
  • 指導者
  • 教育者
  • 最初
  • 正式
  • 理髪
  • 知名
  • 移住
  • 製作
  • 黄金期