生年月日データベース

ラモン・ディアスRamon Angel Diaz

男子サッカー選手[アルゼンチン]

1959年 8月29日 生 (満59歳)

ラモン・ディアス - ウィキペディアより引用

ラモン・アンヘル・ディアス(Ramón Angel Díaz、1959年8月29日-)は、アルゼンチン、ラ・リオハ出身の元同国代表のサッカー選手(FW)、サッカー指導者。
U-20アルゼンチン代表の一員としてのぞんだ1979年のワールドユース選手権で大会得点王に輝き、最優秀選手に選ばれたディエゴ・マラドーナと共にチームを優勝に導く立役者となる。
この活躍が認められ、翌1980年にはフル代表デビューを果たし、レギュラーとして活躍。
1982年にはスペインで行われたワールドカップにも出場し(同大会の開幕戦のキックオフは、ディアスからマラドーナへのパスであった)、ブラジル戦ではゴールを記録。
しかし、マラドーナの退場などによりこの試合に敗れ、チームは2次リーグで姿を消すこととなった。
結果的には、これがディアスの最後の代表戦となった。
代表の決定力不足が指摘され、ディアスの復帰要望が国民から出たこともあったが、結局復帰することはなかった。
当時のアルゼンチン代表は、マラドーナを中心としたチームづくりを行っていたため、確執のあったディアスが外されたという説も根強い(ダニエル・パサレラも、同じ理由から代表を外されたと言われている)。

■ 映像作品

Ramón Díaz アルゼンチン代表歴のある元サッカー選手で、現在は指導者 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 代表
  • 選手
  • サッカー
  • 指導者
  • 個人
  • 活躍
  • 時代
  • クラブ
  • スタイル
  • タイトル
  • フォワード
  • プレー
  • ヨーロッパ
  • リーグ
  • 初期
  • 成績
  • 横浜マリノス
  • アルゼンチン
  • プロ
  • ポジション
  • リオハ
  • 出身
  • 同国
  • 現役
  • 関連