生年月日データベース

鷺巣詩郎さぎすしろう

作曲家、音楽プロデューサー[日本]

1957年 8月29日 生 (満61歳)

鷺巣 詩郎(さぎす しろう、1957年8月29日 - )は、日本の作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。
東京都世田谷区出身。
映像制作会社ピー・プロダクション社長。
父は漫画家でピー・プロダクション設立者のうしおそうじ(本名:鷺巣富雄)。
来歴・人物 1980年代初頭のアイドル歌謡曲時代から、インストゥルメンタル・アーティスト、近年のシンガー・アーティストに至るまで広範囲にわたり多くの楽曲を手掛けている。
映画、テレビなど、あらゆる映像音楽(サウンドトラック)分野での活動も含めると、それら作品数は膨大。
他方面では『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系列)における楽曲群や、中央競馬の馬場入場テーマソング(西日本および北海道開催、2009年まで使用)と北海道地区の発走ファンファーレなども手がけている。
USEN運営の「SOUNDPLANT SHIRO'S SONGBOOK」[1]の8月のコラム欄によれば、高校生の頃から少しずつ音楽の仕事をしており、日本映画専門チャンネルの『特撮国宝』でゲストに呼ばれ、17歳の頃父が経営する映像制作プロダクションであるピー・プロダクションの事業部に在籍し、怪獣ショーの・演出・脚本・音楽・音響効果の仕事をしていたと語った。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

アーティスト。作曲家。編曲家。プロデューサー。ホリプロ所属。 「新世紀エヴァンゲリオン」のサウンドトラックを作ったことで有名だが、実は「笑っていいとも」のテレフォンショッキングの歌もこの人の作品である。また、北海道地区のJRAの発走ファンファーレの作曲も手がけている。元・スクエア(現T-Square)のメンバー。 近年は、平井堅・Misiaなど、R&B系アーティストのプロデュースを担当している。 父は、漫画家であり、特撮映画プロデューサーとしても知られる、うしおそうじ。 関連語 アーティスト 作曲家 アニメ (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 制作
  • 音楽
  • アニメ
  • ピー
  • プロダクション
  • プロデューサー
  • 映像
  • 鷺巣
  • うしおそうじ
  • アーティスト
  • エイケン
  • エピソード
  • ゲーム
  • テレビ
  • リーダー
  • 世田谷区
  • 代表作
  • 政安
  • 映画
  • 東京都
  • 楽曲
  • 活動
  • 近年
  • 企業
  • 出身
  • 叔父
  • 富雄
  • 本名
  • 漫画家
  • 社長
  • 設立者