誕生日データベース

蔦文也つたふみや

高校野球監督[日本]

1923年 8月28日

2001年 4月28日 死去享年79歳
蔦文也 - ウィキペディアより引用

蔦 文也(つた ふみや、1923年(大正12年) 8月28日 - 2001年(平成13年) 4月28日)は、プロ野球選手(投手)、徳島県立池田高等学校野球部元監督。
「攻めダルマ」の異名を持ち、「さわやかイレブン」「やまびこ打線」として知られる池田高校野球部を40年間指導。
選抜高等学校野球大会、全国高等学校野球選手権大会において、優勝3回(夏春連覇1回)、準優勝2回の実績をあげた。
池田町名誉町民第1号。
孫に映像作家の蔦哲一朗がおり、監督としてドキュメンタリー映画『蔦監督―高校野球を変えた男の真実―』を制作している(平成27年12月27日公開)。
2014年に池田高校が22年ぶりに甲子園出場を決めたのを機に、蔦をモデルとしたご当地キャラ「つたはーん」が製作されている。
生涯 1923年に徳島県徳島市で生まれ、旧家の一人息子として裕福に育った。
徳島県立商業学校に進学し、稲原幸雄監督の指揮で1939年の春に一塁手として、翌1940年の春・夏には投手として甲子園に出場している。

■ 関連書籍

高校野球指導者。 1923年8月28日生まれ、徳島県徳島市出身。徳島商業学校*1・同志社大学卒業。 東急フライヤーズに1年在籍した後、1951年、徳島県立池田高等学校に社会科教諭として赴任し、その後野球部の監督に就任。1971年夏に甲子園初出場、1974年春には「さわやかイレブン」で旋風を巻き起こし準優勝した。1982年第64回全国高等学校野球選手権大会、1983年第55回選抜高等学校野球大会で優勝し、夏春連覇を達成。1986年、第58回選抜高等学校野球大会で2回目の春優勝を果たした。山里にあった池田高校を名門校に馳せ、「やまびこ打線」はのちのちまで語り継がれるまでになった。 甲子園には春7回、夏7回出場し、甲子園通算37勝。3度の全国優勝、2度の準優勝を成し遂げ、監督就任40年目の1992年に勇退した。野球一筋の人生を送り、2001年4月28日に肺癌のため77歳で永眠。 (引用元 Hatena Keyword)

「蔦文也」と関連する人物

連想語句
  • 野球
  • 学校
  • 高等
  • 監督
  • 大会
  • 池田
  • 映画
  • 高校
  • ご当地
  • つた
  • キャラ
  • ドキュメンタリー
  • プロ野球
  • 一朗
  • 会議所
  • 全国
  • 商工
  • 大正
  • 平成
  • 徳島
  • 投手
  • 生涯
  • 県立
  • 選手
  • 選手権
  • 選抜
  • 長谷川
  • さわやか
  • やまびこ
  • イレブン
  • ダルマ
  • モデル
  • 作家
  • 優勝
  • 公開
  • 出場
  • 制作
  • 名誉
  • 夏春
  • 実績
  • 打線
  • 指導
  • 文也
  • 映像
  • 池田町
  • 準優勝
  • 甲子園
  • 町民
  • 異名
  • 真実
  • 製作
  • 連覇