生年月日データベース

丸谷才一まるやまさいいち

作家[日本]

1925年 8月27日

2012年 10月13日 死去心不全享年88歳
丸谷才一 - ウィキペディアより引用

丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。
主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たつた一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。
文字遣いは、1966年から74年までをのぞいて、歴史的仮名遣いを使用。
日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。
小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。
座談や講演も多く、「文壇三大音声」(〜おんじょう)の一人と自負していた。
1925年、山形県鶴岡市馬場町乙三番地にて、開業医・丸谷熊次郎(1956年死去、74歳)とその妻・千(せん。
1978年死去、85歳)との間に次男として誕生。
1932年、鶴岡市立朝暘第一尋常小学校に入学、1938年、同小学校を卒業、旧制鶴岡中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)に入学、1943年、同中学校を卒業。

■ 映像作品

■ 関連書籍

まるやさいいち [生]1925.8.27.山形,鶴岡[没]2012.10.13.東京小説家,評論家。本名根村才一。1950年東京大学英文科卒業,1953~65年国学院大学で教鞭をとった。第一作は1960年刊行の『エホバの顔を避けて』(1952~60,同人誌『秩序』に連載)。作品には明確な方法意識が貫かれており,私小説リアリズムを拒否する,いわば現代の高踏派。また日本語の衰退にも危機感をもつ旧かなづかい論者で,『日本語のために』(1974),『文章読本』(1977)などの著作がある。代表作『笹まくら』(1966,河出文化賞),『年の残り』(1968,芥川賞),『たった一人の反乱』(1972,谷崎潤一郎賞),『裏声で歌へ君が代』(1982),『樹影譚』(1988,川端康成文学賞),『輝く日の宮』(2003,泉鏡花賞)など。最後の長編に『持ち重りする薔薇の花』(2011)。ほかに『後鳥羽院』(1973,読売文学賞),『忠臣蔵とは何か』(1984,野間文芸賞)など評論,エッセーも多数。ジェームズ・ジョイス研究者としても知られ,翻訳に『ユリシーズ』(1964,共訳),ジョイス論の『6月16日の花火』(1986)などがある。1991年イギリス『インディペンデント』紙の外国小説賞特別賞,2001年菊池寛賞を受賞。1998年日本芸術院会員,2006年文化功労者に選ばれ,2011年文化勲章を受章した。(→日本文学) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 文学
  • 日本
  • まくら
  • ジョイス
  • ユリシーズ
  • 一人
  • 仮名遣い
  • 作品
  • 受賞
  • 君が代
  • 学者
  • 小説
  • 小説家
  • 文章
  • 文芸
  • 活動
  • 私小説
  • 翻訳
  • 翻訳家
  • 英文
  • 著書
  • 裏声
  • 評論
  • 評論家
  • 随筆
  • 随筆家
  • おん
  • じょう
  • ジェイムズ
  • 三大
  • 使用
  • 傍ら
  • 反乱
  • 多く
  • 多数
  • 座談
  • 後鳥羽
  • 忠臣蔵
  • 批判
  • 文壇
  • 文字遣い
  • 発表
  • 知的
  • 自負
  • 講演
  • 音声
  • 風土