誕生日データベース

三池崇史

映画監督[日本]

1960年 8月24日

三池崇史 - ウィキペディアより引用

三池 崇史(みいけ たかし、1960年8月24日 - )は、大阪府八尾市出身の日本の映画監督。
来歴・人物 幼少時代を三重県で過ごし、大阪工業大学高等学校、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)を卒業する。
今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔、井上梅次、村川透らの助監督を経て、1991年にビデオ映画『突風!ミニパト隊』で監督デビュー、1995年の『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手掛けた。
コメディからバイオレンス、ホラーなど多岐に渡るジャンルで映画制作を続ける。
1998年に、『TIME』誌がこれから活躍が期待される非英語圏の監督として、ジョン・ウーと並び10位に選出。
クエンティン・タランティーノ、イーライ・ロス、パク・チャヌクなど、海外の監督にも影響を与えた(『殺し屋1』など)。
また、オマー・ロドリゲス・ロペス、フライング・ロータスなど、海外ミュージシャンにもファンが多いことでも知られる。
『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして初めてカンヌ国際映画祭に出品された。
旧名は三池モバ。
ジャンルを問わず「仕事は来たもん順で受ける」「映像化可能であれば、まず何でもやってみる」と公言しており、多作である。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

1960年8月24日生まれ。大阪府出身。横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)を卒業。今村昌平、恩地日出夫監督に師事する。その後、オリジナルビデオ界で「喧嘩の花道」(96)等の監督作品から「金と銀」シリーズ等のプロデュースも手掛ける。その手腕とアイデア豊富な演出に、早くから注目が集まる。「新宿黒社会」(95)で劇場映画デビューを飾ると、「極道戦国志 不動」(96)、「岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇」(97)、「極道黒社会 RAINY DOG」(97)、「中国の鳥人」(98)、「日本黒社会 LEY LINES」(99)、「DEAD OR ALIVE 犯罪者」(99)等、その後は怒濤の大活躍で、海外からも注目を集める人気監督に。98年の米国『TIME』誌にてこれから活躍が期待される監督として、ジョン・ウー等と並び10位に選出され、ミラマックス社が次に注目する監督でもある。2000年第29回ロッテルダム国際映画祭国際映画批評家連盟賞とオランダ映画ジャーナリスト賞を受賞。(公式サイトより) フリーで助監督をしていた時期もあり、テレビドラマ『ザ・ハングマン』などにも参加していた。 2005年、「妖怪大戦争」の監督/脚本を担当。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • テレビドラマ
  • 映画
  • アニメ
  • オリジナル
  • テレビ
  • ビデオ
  • 三重県
  • 出典
  • 参加
  • 大阪工業大学
  • 学校
  • 時代
  • 歌舞伎
  • 監督
  • 舞台
  • 評価
  • 高等
  • ラグビー
  • 入部
  • 出演
  • 出演作
  • 幼少