生年月日データベース

根岸吉太郎

映画監督[日本]

1950年 8月24日

根岸 吉太郎(ねぎし きちたろう、1950年8月24日 - )は、日本の映画監督。
東北芸術工科大学学長。
東京都出身。
東京都立駒場高等学校、早稲田大学第一文学部演劇学科卒業。
早稲田大学卒業後、1974年日活に入社。
同期には池田敏春がいる。
なおこの年はにっかつが映画制作再開に伴い10年ぶりに大学卒の新卒採用を再開した年でもあった。
藤田敏八、曽根中生に師事。
1978年、映画『暴る!』で助監督を務め、同年の『オリオンの殺意より 情事の方程式』で監督デビュー。
にっかつのロマンポルノ作品を10作近く監督した。
ATGで製作した映画『遠雷』でブルーリボン賞監督賞と芸術選奨新人賞を獲得。
1982年、ディレクターズ・カンパニーの設立に参加。
盟友・池田の『人魚伝説』をプロデュースする。
監督としても『探偵物語』『ウホッホ探険隊』『永遠の1/2 (小説)』などの映画で評価を高めていった。
1990年代中ごろは映画製作から離れていた。
この時期は、1993年から1999年にかけて中島みゆきの『夜会』の映像作品や中島の楽曲のプロモーション・ビデオの監督を務めるなど、映像監督としての活動が中心だった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 映画
  • 早稲田大学
  • 監督
  • 中生
  • 作品
  • 再開
  • 出演
  • 助監督
  • 卒業
  • 学校
  • 安春
  • 文学部
  • 日活
  • 曽根
  • 東京
  • 東京都
  • 池田敏春
  • 藤田敏八
  • 都立
  • 長谷部
  • 駒場
  • 高等
  • にっかつ
  • スタッフ
  • 入社
  • 出身
  • 制作
  • 同期
  • 大学卒
  • 学科
  • 師事
  • 採用
  • 新卒
  • 演劇
  • 理事