生年月日データベース

鮎川信夫あゆかわのぶお

詩人翻訳家[日本]

1920年 8月23日

1986年 10月17日 死去脳出血享年67歳

鮎川信夫(あゆかわ のぶお、本名・上村隆一(うえむらりゅういち)、1920年(大正9年)8月23日 - 1986年(昭和61年)10月17日)は日本の詩人、評論家、翻訳家。
戦後の詩壇で一貫して重要人物とされる。
別名・二宮佳景(にのみやよしかげ)。
生涯 大正9年に東京小石川の高田豊川町に生まれる。
父・上村藤若(「帝国文化協会」主催の出版者・文筆家)は農本主義的なナショナリストで、世間的には温厚な人格者でありながら、家庭内ではすこぶる冷淡な人間であったため、鮎川にとってのモダニズムは〈父親イメージへの反逆から始まった〉と後に語っている。
母の幸子は幕末の大野藩の蘭学医・土田龍湾の孫。
16歳で詩作を始める。
筆名「鮎川信夫」は雑誌『若草』への投稿作「寒帯」(1937年)で名乗り、佳作掲載されて以来用いたが、初期には様々な筆名を用いた。
1937年(昭和12年)秋に神戸で中桐雅夫が刊行していた同人誌『LUNA』に加入(筆名・伊原隆夫)。
その後、詩誌『LE BAL』へ投稿。
一方、1938年11月には森川義信らと第一次『荒地』を企画し、翌年3月から2年間に6冊を刊行する(後の鮎川の代表作のひとつである「死んだ男」の詩中に登場する「M」とは森川を指し、戦争で死んでいた者たちの「遺言執行人」としての立場を生涯貫く)。

■ 関連書籍

あゆかわのぶお [生]1920.8.23.東京[没]1986.10.17.東京詩人,評論家。兵役のため1942年早稲田大学英文科中退。37年頃から詩誌『LUNA』などに作詩を発表していたが,『荒地』創刊(1947)以後同誌の主導的位置を占めた。テーマの多様性,感情領域の広さを示す詩と詩論を展開,新時代の人間苦を表現する詩人として注目された。主著『鮎川信夫詩論集』(64),『鮎川信夫全詩集』(65)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 生涯
  • 著作
  • エッセイ
  • モダニズム
  • 上村
  • 主義
  • 主要
  • 図書
  • 対談
  • 小石川
  • 東京
  • 翻訳
  • 翻訳家
  • 評論
  • 評論家
  • 詩人
  • 詩作
  • 農本
  • 関連
  • うえむら
  • にのみや
  • よしかげ
  • りゅういち
  • イメージ
  • ナショナリスト
  • 一貫
  • 主催
  • 二宮
  • 人格者
  • 人間
  • 佳景
  • 出版者
  • 別名
  • 協会
  • 家庭
  • 帝国
  • 戦後
  • 文化
  • 文筆家
  • 本名
  • 温厚
  • 父親
  • 藤若
  • 詩壇
  • 豊川町
  • 重要
  • 隆一
  • 高田
  • 鮎川