誕生日データベース

大野晋

国語学者[日本]

1919年 8月23日

大野 晋(おおの すすむ、1919年(大正8年)8月23日 - 2008年(平成20年)7月14日)は、日本の国語学者。
文学博士。
学習院大学名誉教授。
東京府東京市深川区(現・東京都江東区)生まれ。
古代日本語の音韻、表記、語彙、文法、日本語の起源、日本人の思考様式など幅広い業績を残した。
特に『岩波古語辞典』の編纂や、日本語の起源を古代タミル語にあるとしたクレオールタミル語説で知られる。
ほかに上代特殊仮名遣の強調、係り結びの倒置説、品詞の割合とジャンルとの関連性を指摘した大野の法則なども知られる。
主著は『日本語の起源』『日本語の文法を考える』『日本語の形成』『日本語練習帳』など。
1919年(大正8年)8月23日:東京府東京市深川区に生まれる。
1932年(昭和7年):東京開成中学校に入学する。
1943年(昭和18年):東京帝国大学文学部国文学科卒(戦時下で繰上卒業)。
橋本進吉に師事する。
1947年(昭和22年):清泉女学院高等学校講師。
1950年(昭和25年):学習院大学非常勤講師。
1952年(昭和27年):学習院大学文学部助教授に就任し、1960年に教授へ昇進した。

■ 関連書籍

連想語句
  • クレオール
  • タミル
  • 対応
  • 事件
  • 共編
  • 単著
  • 博士
  • 名誉教授
  • 学習院大学
  • 学者
  • 対立
  • 批判
  • 文学
  • 文法
  • 既知
  • 未知
  • 校注
  • 狭山
  • 発音
  • 編著
  • 脅迫
  • 著作
  • 評価
  • 足取り
  • 鑑定
  • 関係
  • 音韻
  • 国語
  • 日本
  • 日本語
  • 関連