生年月日データベース

大野晋

国語学者[日本]

1919年 8月23日

大野 晋(おおの すすむ、1919年(大正8年)8月23日 - 2008年(平成20年)7月14日)は、日本の国語学者。
文学博士。
学習院大学名誉教授。
東京府東京市深川区(現・東京都江東区)生まれ。
古代日本語の音韻、表記、語彙、文法、日本語の起源、日本人の思考様式など幅広い業績を残した。
特に『岩波古語辞典』の編纂や、日本語の起源を古代タミル語にあるとしたクレオールタミル語説で知られる。
ほかに上代特殊仮名遣の強調、係り結びの倒置説、品詞の割合とジャンルとの関連性を指摘した大野の法則なども知られる。
主著は『日本語の起源』『日本語の文法を考える』『日本語の形成』『日本語練習帳』など。
1919年(大正8年)8月23日:東京府東京市深川区に生まれる。
1932年(昭和7年):東京開成中学校に入学する。
1943年(昭和18年):東京帝国大学文学部国文学科卒(戦時下で繰上卒業)。
橋本進吉に師事する。
1947年(昭和22年):清泉女学院高等学校講師。
1950年(昭和25年):学習院大学非常勤講師。
1952年(昭和27年):学習院大学文学部助教授に就任し、1960年に教授へ昇進した。

■ 関連書籍

職業 国語学者、学習院大学名誉教授 出身 大正8年(1919年)、武蔵国東京都江東区深川 学歴 東京大学文学部国文学科卒業 業績 日本語とタミル語が兄弟の関係にある事の証明に尽力した 東京深川で生れた大野さんは、下町で育ちつつ高校時代に東京の下町と山の手との間の文化の違ひに気附き、「日本とは何か」と云ふ疑問を抱いて行つた。 やがて其の疑問は日本語の探究と云ふ方面で実現して行く道を選ぶのであつた。彼は東京帝国大学に入学し、生涯の師匠である橋本進吉博士に日本語についての様々な知識を得た。博士の手法や再発見された「上代特殊仮名遣」の存在や日葡辞書などを活用した安土桃山時代における日本語音韻の有り方の見出し方など、厳格細密な学問を意慾的に勉強して行つたが、戦中の最中に博士は亡くなつてしまつた。 女学校で教鞭を揮つた時もあつた。国語国字問題に首を突込んだ時もあつた。其の后、岩波書店から古語辞典編纂の仕事が舞込み、何年も何年も其の仕事に没頭する事になつたのである。其の后、『源氏物語』や本居宣長の研究を行ひ、やがて、還暦の辺りに南印度のタミル語に着目するやうになつた。 日本語とタミル語が過去に同じ言語から分化して行つたとする説であるが、初めの頃は各方面から批判が相次いだらしい。然し乍ら、橋本博士の学問的手法を自己のものとして更に発展させて行つた彼は、其れら批判も然して気にはしなかつた。彼は言ふ、「自分の見込みが正しければ、事実のはうから見込みの線上に当て嵌まつて来る」と。結局さう云ふ事なのである。 此処最近、彼は自分なり …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • クレオール
  • タミル
  • 対応
  • 事件
  • 共編
  • 単著
  • 博士
  • 名誉教授
  • 学習院大学
  • 学者
  • 対立
  • 批判
  • 文学
  • 文法
  • 既知
  • 未知
  • 校注
  • 狭山
  • 発音
  • 編著
  • 脅迫
  • 著作
  • 評価
  • 足取り
  • 鑑定
  • 関係
  • 音韻
  • 国語
  • 日本
  • 日本語