生年月日データベース

高野よしてるたかのよしてる

漫画[日本]

1923年 8月22日

2008年 11月15日 死去享年86歳

高野よしてる(たかの よしてる、本名・高野義輝、1923年8月22日 - 2008年11月15日)は、日本の雑誌編集者、漫画家である。
九州生まれ。
関東商業学校(現・関東第一高等学校)、法政大学出身。
漫画家としては1950~1970年(昭和25~45年)頃まで月刊・週刊の漫画雑誌で活躍した。
代表作は『赤ん坊帝国』『黒帯くん』『13号発進せよ』など。
1923年(大正13年)、九州に生まれる。
4歳の頃に家族ともども東京に移り、以後東京で育つ。
中学の頃から漫画家を目指し、志を同じくする友人たちと共に「新世紀漫画集団」という名のグループを結成。
日曜日になっては漫画について討論や研究、デッサンをしていた。
このグループには高野と同じく後に漫画家となる加藤芳郎も所属していた。
1944年(昭和19年)に法政大学に入学するが、直ぐに学徒出陣で世田谷の予備士官学校に行く。
特殊警務要員(実はスパイ)になることを命じられ、予備士官学校卒業の後、本命令が出るまで若干の教育を受けていたが、その間に終戦を迎える。

■ 関連書籍

「高野よしてる」と関連する人物

連想語句
  • 漫画家
  • 九州
  • 学校
  • 東京
  • 法政大学
  • 漫画
  • 関東
  • アシスタント
  • グループ
  • 作品
  • 加藤芳郎
  • 単行本
  • 年譜
  • 昭和
  • 高等
  • デッサン
  • 世紀
  • 中学
  • 代表作
  • 以後
  • 入学
  • 出身
  • 友人
  • 商業
  • 大正
  • 家族
  • 帝国
  • 所属
  • 日曜日
  • 月刊
  • 活躍
  • 発進
  • 結成
  • 討論
  • 赤ん坊
  • 週刊
  • 集団
  • 雑誌
  • 高野
  • 黒帯