誕生日データベース

萩原聖人はぎわらまさと

俳優声優ナレーター[日本]

1971年 8月21日

萩原 聖人(はぎわら まさと、1971年8月21日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーター、雀士。
本名同じ。
愛称:ハギー。
神奈川県茅ヶ崎市出身。
アルファーエージェンシー所属。
身長175cm、体重56kg。
幼少期(3歳)に両親が離婚し、父親側に引き取られるが、小学4年生の時に父親は他界。
その後は15歳まで茅ヶ崎で父方の祖父母に育てられた。
そのため、母親とはほとんど一緒に暮らしたことがないという少年時代を過ごす。
茅ヶ崎市立梅田中学校を卒業後に上京。
東京都立戸山高等学校の定時制に入学するが、わずか一週間で中退。
その後に短期渡米し、ニューヨークで観た映画の観客の様子に感銘を受け、役者という仕事に興味を持つ。
日本へ帰国後、新宿区で母親が経営するバーを手伝っていたときに、客として来ていたテレビドラマ『あぶない刑事』のキャスティングスタッフたちの目に留まり、スカウトされる。
そして1987年、『あぶない刑事』の第32話「迷路」の回にて、置き引き少年の役でデビュー。
その後も多くの作品に端役として出演していたが、1990年のテレビドラマ『はいすくーる落書2』の松岡直次郎役がきっかけで、一気に注目を集めた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名萩原聖人 性別男性 生年月日1971/08/21 星座しし座 干支亥年 出身地神奈川県 身長175cm 体重56kg 靴のサイズ25cm 職種タレント・俳優・女優 プロフィール'87年、人気TVドラマ『あぶない刑事』の第32話『迷路』にて置き引き少年の役でTV初出演。'89年『ウォータームーン』(工藤栄一監督)で主演長渕剛の弟分の少年僧役で本格的に映画デビュー、'90年『遙かなる甲子園』(大澤豊監督)で、聾唖学校の高校生野球部員を好演、同年TVでは『はいすくーる落書2』(TBS)で、元中学総番長松岡直次郎役の孤独な色気で一気に注目を集めた。その後、『学校へ行こう!』('91年CX)、『先生のお気に入り』('91年TBS)、『1970ぼくたちの青春』('91年CX)、『葡萄が目にしみる』('91年CX)と青春ドラマに立て続けに出演し、若手実力派俳優の地位を確立。その後のTVの代表作に、『包丁いっぽん』('93年NHK主演)、『白鳥麗子でございます』('93年CX)、『夏子の酒』('94年CX)、『若者のすべて』('95年CX主演)などがある。映画では、'93年、山田洋次監督『学校』や、崔洋一監督『月はどっちに出ている』、天間敏広監督『教祖誕生』などの作品で数々の映画賞を受賞。'95年、崔洋一監督『マークスの山』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞とブルーリボン賞助演男優賞を、'97年、黒沢清監督『CURE』で二度目の日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。TV出演作に、『外交官黒田康作』('11年CX)、『名前をなくした女神』('11年CX)、『江~姫たちの戦国』('11年NHK大河ドラマ)、『未解決事件File2オウム真理教』('12年NHK)、『尾根のかなたに』('12年WOWOW)など。近年は、舞台にも意欲的に出演し、映画、TV、舞台と幅広く活躍して …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ドラマ
  • アルファ
  • エピソード
  • エージェンシー
  • テレビドラマ
  • ナレーター
  • 出典
  • 出演
  • 単発
  • 受賞歴
  • 声優
  • 映画
  • 神奈川県
  • 茅ヶ崎市
  • 連続
  • 雀士
  • 麻雀
  • キログラム
  • センチメートル
  • ハギー
  • 出身
  • 愛称
  • 所属