生年月日データベース

関根勤せきねつとむ

お笑いタレント[日本]

1953年 8月21日

関根 勤(せきね つとむ、1953年8月21日 - )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、司会者。
旧芸名はラビット関根。
東京都港区出身。
浅井企画所属。
娘はタレントの関根麻里。
所属事務所の後輩で長年の親友でもある小堺一機とのコンビは、コサキンとして知られている。
4人兄弟の末っ子(兄2人に姉1人)として生まれる。
父は東京消防庁勤務の消防士で、謹厳実直な家庭であったと関根自身が回想している。
「勤」の名前の由来は、関根が生まれた年(1953年)が父にとって勤続25年目の年に当たったため。
幼少時代は奔放かつ我が儘であり、父にはよく「勤、怒鳴るなよ」と窘められていた。
港区立高輪台小学校、港区立高松中学校、東京都立八潮高等学校を経て、日本大学法学部管理行政学科に入学。
1974年、大学在学中に出演したTBS『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」で5連続勝ち抜き、週初代チャンピオンとなる。
その時の審査員の一人であった浅井企画社長・浅井良二に見出され、芸能界デビューを果たす。
コサキンビデオ『マントヒヒ』内での回想によれば、放送後に浅井社長と川岸副社長に呼び止められ、近くの喫茶店で詳細について話し合ったという。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

コメディアン・タレント。 昭和28年8月21日、東京都港区生まれ。 昭和49年、日本大学法学部在学中にTBSテレビ「ぎんざNOW! 素人コメディアン道場」に出場し、物真似で初代チャンピオンとなる。 その後、浅井企画に所属し「ラビット関根」の名前でデビュー。 昭和56年、小堺一機とのコンビ「コサラビ」によるラジオ「夜はともだち絶好調」が開始。以降「コサキン」と名前を変え、番組形態を変えながら現在まで続いている。 昭和57年、「欽ちゃんのどこまでやるの!?」出演をきっかけに芸名を本名に戻す。 平成元年、浅草常盤座にてルー大柴、ラッキィ池田らと「カンコンキンシアター」を旗揚げ。新宿シアターアプルにて毎年8月に公演を行なう。同館の閉鎖後は、東京グローブ座に移る。 趣味のゴルフ、映画鑑賞、格闘技観戦についても著書多数。 10年程前にTV「さんまのまんま」に出演した時、全編千葉ちゃんのモノマネで番組を通す離れ業をこなした。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 番組
  • 東京都
  • お笑い
  • インターネット
  • コサキン
  • タレント
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • モノマネ
  • ラジオ
  • 交友
  • 出演
  • 女人
  • 家庭
  • 小堺一機
  • 所属
  • 歌手
  • 浅井企画
  • 港区
  • 芸風
  • 評論家
  • 趣味
  • 配信
  • 関根麻里
  • コンビ
  • ラビット
  • 事務所
  • 出身
  • 司会
  • 司会者
  • 後輩
  • 芸名
  • 親友
  • 長年
  • 関根