誕生日データベース

山口昌男やまぐちまさお

文化人類学者[日本]

1931年 8月20日

2013年 3月10日 死去肺炎享年83歳

山口 昌男(やまぐち まさお、1931年8月20日 - 2013年3月10日)は、日本の文化人類学者。
勲等は瑞宝中綬章。
東京外国語大学名誉教授、文化功労者。
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所所長、静岡県立大学国際関係学部教授、札幌大学学長などを歴任した。
北海道美幌町出身。
東京大学駒場美術研究会で磯崎新と一緒に勉強する。
中村雄二郎と共に1970年代初頭から、創刊間もない青土社の月刊誌『現代思想』に寄稿し始め、構造主義や記号論を紹介して既存の学問の方向性を転換した上で議論を活性化。
1980年代の浅田彰、中沢新一らによって本格化したいわゆるニューアカ(ニュー・アカデミズム)」ブームの下準備をした。
1984年から1994年まで磯崎新、大江健三郎、大岡信、武満徹、中村雄二郎と共に学術季刊誌『へるめす』(途中から隔月刊、岩波書店)の編集同人として活躍した。
晩年は、『「敗者」の精神史』以来、近代日本史の中で重要視されていなかった「旧幕臣」系または「趣味人」系の人々の、人的ネットワークを洗い出し検証する著作が多かった。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

やまぐち・まさお(1931-2013) 山口昌男(やまぐち・まさお)は、現代日本を代表する人類学者・記号学者・思想家である。北海道出身。フランスの構造主義の影響を受けているが、その守備範囲はきわめて広く、ひと言で表現するのは不可能に近い。人類学の領域での業績に限定すれば、記号論や象徴論という分野の専門に入る。人類学上のデビュー作は『アフリカの神話的世界』ならびに『人類学的思考』であり、初期の彼の関心を読むことができる。その象徴論という分野での代表作は『文化と両義性』である。1984年から10年間は磯崎新、大江健三郎、大岡信、武満徹、中村雄二郎とともに岩波書店の総合誌『へるめす』の同人になる。山口の知識人・思想家としての世界的なつきあいの広さを知るためには対談集『二十世紀の知的冒険 対談集』『知の狩人 続・二十世紀の知的冒険』が必読書になろう。1990年以降は明治期以降の日本のメジャーになれなかった/ならなかった知の巨人に光を当てた『「敗者」の精神史』『「挫折」の昭和史』『内田魯庵山脈』が著名である。筑摩書房から『山口昌男著作集』全5巻が公刊されており、山口昌男入門としては最適である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 文化
  • 東京外国語大学
  • アジア
  • アフリカ
  • エピソード
  • 中綬章
  • 共著
  • 功労者
  • 勲等
  • 単著
  • 受賞歴
  • 名誉教授
  • 国際
  • 学説
  • 学部
  • 学長
  • 対話
  • 教授
  • 札幌大学
  • 栄典
  • 瑞宝
  • 研究所
  • 編著
  • 翻訳
  • 著書
  • 言語
  • 関係
  • 関連
  • 静岡県立大学
  • 人類
  • 学者
  • 所長
  • 時代
  • 歴任
  • 美幌町