生年月日データベース

タウフィック・ヒダヤットTaufik Hidayat

バドミントン選手[インドネシア]

1981年 8月10日

タウフィック・ヒダヤット - ウィキペディアより引用

タウフィック・ヒダヤット(Taufik Hidayat、1981年8月10日 - )は、インドネシアの男子バドミントン選手。
バンドン生まれ。
1998年~2000年 ジュニア大会を除く国際大会デビュー戦は1998年、国別対抗戦のトマス杯男子シングルス。
このとき16歳でインドネシア代表メンバーに選抜されていた彼は、腰痛持ちだった当時エースのハリアント・アルビの代役として序盤戦に出場し、勝利している。
1999年には、バドミントンにおいて最も長い歴史と伝統を誇る全英選手権で、17歳という異例の若さで決勝まで進み準優勝、さらに翌年の同大会でも準優勝した。
2000年には前年からの活躍によってシドニー五輪の出場権を獲得。
中国の吉新鵬(金メダリスト)に敗れたものの5位入賞(ベスト8)を果たした。
2001年~2004年 2001年には初めてベスト4に進出したセビリア世界選手権で準決勝の試合中に怪我のため棄権となったことがあった。

「タウフィック・ヒダヤット」と関連する人物

連想語句
  • 概要
  • 大会
  • アルビ
  • アント
  • エピソード
  • スタイル
  • ハリ
  • バンドン
  • プレー
  • 出場
  • 準優勝
  • とき
  • インドネシア
  • エース
  • シドニー
  • シングルス
  • ジュニア
  • デビュー
  • トマス
  • バドミントン
  • メダリスト
  • メンバー
  • 中国
  • 五輪
  • 代役
  • 代表
  • 伝統
  • 全英
  • 前年
  • 勝利
  • 吉新
  • 国別
  • 国際
  • 対抗
  • 序盤
  • 当時
  • 歴史
  • 決勝
  • 活躍
  • 獲得
  • 男子
  • 異例
  • 翌年
  • 腰痛
  • 選手権
  • 選抜