生年月日データベース

高桑大二朗たかくわだいじろう

男子サッカー選手[日本]

1973年 8月10日

高桑 大二朗(たかくわ だいじろう、1973年8月10日 - )は、東京都出身の元プロサッカー選手。
ポジションはゴールキーパー。
横浜マリノス時代は怪我が多かったため「ガラスのGK」とよばれていた。
入団当初は日本代表でもあった松永成立が絶対的守護神として君臨しており、その後は2年後輩の川口能活が松永からレギュラーを奪って台頭したため、出番も殆どなかった。
1996年に鹿島アントラーズへ移籍。
古川昌明からレギュラーを奪った佐藤洋平の負傷中に正GKに定着し、チームの三冠獲得に貢献した。
2000年にはJリーグベストイレブンに選出され、日本代表として1試合に出場した。
その後、試合中の怪我もあり曽ヶ端準に正GKの座を奪われ、2002年には前年に本並健治・菊池新吉の両GKが引退した東京ヴェルディ1969へレンタル移籍。
当初は正GKであったが、ミスが目立ったことから第14節サンフレッチェ広島戦以降は高木義成にその座を奪われて2003年からはベガルタ仙台へ移籍。

元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。 1973年08月10日生まれ。東京都出身。 身長190cm、体重82kg、血液型O型。利き足は右。スパイクはミズノ。 2009年シーズンをもって現役引退。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • クラブ
  • 代表
  • 個人
  • キーパー
  • ゴール
  • サッカー
  • タイトル
  • ポジション
  • 出典
  • 引退
  • 成績
  • 所属
  • 指導
  • 記録
  • 試合
  • 横浜