生年月日データベース

若島正わかしまただし

英米文学者翻訳家[日本]

1952年 8月10日

若島 正(わかしま ただし、1952年8月10日 - )は日本の英文学者、京都大学教授、翻訳家。
洛星高等学校、京都大学理学部卒。
当初は数学者を目指していたが、英米文学に転向し、同文学部英文科卒、同大学院文学研究科修士課程修了。
1984年神戸大学教養部助手、85年専任講師、87年京大教養部助教授、92年総合人間学部助教授、95年文学部助教授、96年文学研究科助教授、2001年教授。
日本ナボコフ協会運営委員。
翻訳者としては、ナボコフ以外にSF、ミステリを愛好。
詰将棋作家、チェス・プロブレム作家でもある。
中学生の頃から詰将棋の世界にのめりこみ、1966年「詰将棋パラダイス」誌で入選。
詰将棋の二大賞である塚田賞を7回、看寿賞を9回それぞれ受賞。
詰将棋作家の親睦団体「創棋会」の会長もつとめた。
チェス・プロブレム作家としては、チェス・プロブレム専門誌 "Problem Paradise" 編集長。
日本チェスプロブレム協会会長。
『NPOチェス将棋交流協会』理事長。
チェス・プロブレムを解く世界大会の日本代表でもあり、チェス・プロブレムの解答者として、最高資格の「グランド・マスター」に次ぐ「インターナショナル・マスター」の資格を、1997年、日本人で初めて獲得。

■ 関連書籍

1952年京都市生まれ。英米文学者、翻訳家、アンソロジスト。 現在、京都大学大学院文学研究科教授。2004年に『乱視読者の英米短篇講義』で第55回読売文学賞随筆・紀行賞を受賞。 指将棋、詰将棋やチェスプロブレムでも有名で、指将棋では赤旗名人戦優勝、詰将棋では看寿賞7回受賞、チェスプロブレムでは国際チェス連盟(FIDE)から解答競技インターナショナル・マスターなどの実績がある。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 助教授
  • ナボコフ
  • 文学
  • ミステリ
  • 京都大学
  • 共同
  • 単著
  • 学校
  • 教養
  • 文学部
  • 横山茂雄
  • 洛星
  • 監修
  • 神戸大学
  • 編訳
  • 著書
  • 訳書
  • 責任
  • 連載
  • 雑誌
  • 高等
  • ウラジーミル
  • サイエンス
  • フィクション
  • 京大
  • 京都市
  • 人間
  • 修了
  • 修士
  • 助手
  • 協会
  • 名誉教授
  • 大学院
  • 委員
  • 学部
  • 定年
  • 専任
  • 当初
  • 愛好
  • 教授
  • 数学者
  • 文科
  • 日本
  • 理学部
  • 総合
  • 翻訳者
  • 英米
  • 課程
  • 講師
  • 転向
  • 退任
  • 運営