誕生日データベース

山田忠雄やまだただお

国語学者[日本]

1916年 8月10日

山田 忠雄(やまだ ただお、1916年8月10日 - 1996年2月6日)は、日本の国語学者、辞書編纂者。
日本大学名誉教授。
1936年東京帝国大学文学部国文科に入学し、見坊豪紀と同期。
1939年、同大学を卒業。
1946年、日本大学文理学部国文学科助教授に就任、後に教授となるが、1959年4月15日に辞職。
『明解国語辞典』を見坊とともに完成させるが、1972年に出版された『新明解国語辞典』の編集主幹を務め、同じ出版社ながら見坊の『三省堂国語辞典』と袂を分かつ。
父は文化勲章受章者で国語学者の山田孝雄。
長男の山田明雄は数学者、1990年まで東大教養学部助教授で後に『新明解』の編集者に加わる。
弟の山田俊雄も国語学者で『新潮国語辞典』に関わる。
著書 単著 『当用漢字の新字体 制定の基盤をたづねる』 新生社 1958年(日本大学文学部国語研究室単刊) 『三代の辞書 国語辞書百年小史』 三省堂 1967年 『節用集天正十八年本類の研究』 東洋文庫〈東洋文庫論叢 第55〉 1974年 『近代国語辞書の歩み その摸倣と創意と』 三省堂 1981年7月 共編など 『昭和校註竹取物語』 山田孝雄、山田俊雄共編 武蔵野書院 1953年5月 『竹取物語総索引』 武蔵野書院 1958年 『漢和辞典の成立 私家版』 1958年 『明解国語辞典』 金田一京助監修 見坊豪紀、金田一春彦共編 改訂53版 三省堂 1958年9月 『山田孝雄年譜』 山田英雄、山田俊雄共編 宝文館 1959年 『山田孝雄追憶史学・語学論集』 宝文館 1963年 『本邦辞書史論叢 山田孝雄追憶』 三省堂 1967年 『新明解国語辞典』 三省堂 1972年 『国語史学の為に』 第1-3部 笠間書院 1986年5月(笠間叢書) 『電話帳式に引ける国語・漢和辞典』 三省堂 1987年9月 『櫻史』 山田孝雄(校訳)1990年3月 講談社学術文庫 『私の語誌』 1-3 三省堂 1996年 - 1997年 参考 山田忠雄『近代国語辞書の歩 ……

■ 関連書籍

『新明解国語辞典』の編集主幹として知られる。 1996年2月6日逝去、79歳。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 国語辞典
  • 明解
  • 大学
  • 日本大学
  • 共編
  • 単著
  • 名誉教授
  • 国文科
  • 学部
  • 帝国
  • 文学部
  • 文理
  • 東京
  • 著書
  • 見坊
  • 見坊豪紀
  • 三省堂
  • 主幹
  • 入学
  • 出版
  • 出版社
  • 助教授
  • 卒業
  • 同期
  • 完成
  • 就任
  • 教授
  • 文学科
  • 編纂者
  • 辞典
  • 辞書
  • 辞職