生年月日データベース

守屋多々志もりやただし

日本画家[日本]

1912年 8月10日

2003年 12月22日 死去享年92歳

守屋 多々志(もりや ただし、1912年(大正元年)8月10日 - 2003年(平成15年)12月22日)は岐阜県大垣市出身の日本画家。
本名は正(ただし)。
昭和から平成にかけて日本美術院において活躍し、太平洋戦争従軍時やイタリア留学時を除いて、ほぼ毎年出品していた。
守屋の描いた作品は、歴史と古典への深い教養に根ざし、歴史人物を堅牢な絵画空間の中に描出した「歴史画」が中心である。
また、その知識と姿勢が評価され、歴史考証が必要な小説挿絵や舞台美術、衣装デザインなどでも活躍した。
イタリア留学以前は、日本古来の大和絵を意識した構成・筆遣いで描いているが、留学後しばらくは、明らかに洋画を意識した重厚なマチエールで描いており、以後も絵具を厚塗りした作品を多く描いている。
昭和40年以降は武者絵を中心に、背景に金泥を使うなど豪壮な作品も見受けられたが、1982年(昭和57年)頃から黒を多用した暗めの作品が多く、直線で画面を区切ったり、独特の遠近感を持たせたりする作品を多く描いている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 作品
  • 年譜
  • 昭和
  • 歴史
  • 岐阜県
  • 日本
  • 留学
  • イタリア
  • 中心
  • 代表
  • 大垣市
  • 平成
  • 意識
  • 日本美術院
  • 活躍
  • 画家
  • しばらく
  • デザイン
  • マチエール
  • 以後
  • 元年
  • 出品
  • 出身
  • 厚塗り
  • 古典
  • 古来
  • 堅牢
  • 多用
  • 大和絵
  • 大正
  • 太平洋
  • 姿勢
  • 守屋
  • 小説
  • 従軍
  • 戦争
  • 挿絵
  • 教養
  • 本名
  • 構成
  • 武者絵
  • 毎年
  • 洋画
  • 独特
  • 画面
  • 直線
  • 知識
  • 空間
  • 筆遣い
  • 絵具
  • 絵画
  • 美術
  • 考証
  • 背景
  • 舞台
  • 衣装
  • 評価
  • 豪壮
  • 遠近感
  • 金泥