生年月日データベース

なべおさみ

俳優[日本]

1939年 5月2日

なべ おさみ(1939年5月2日 - )は、日本のコメディアン、俳優、タレント。
ラジオパーソナリティ、司会者、放送作家、著作家、声優としても活躍した。
本名、渡辺修三。
夫人は笹るみ子、実子にお笑い芸人で元パワーリフティング日本代表のなべやかんがいる。
東京府東京市大森区(現:東京都大田区)出身。
東京都立大森高等学校→明治大学卒業。
渋谷での不良時代に、伝説のヤクザ花形敬から、不良は不向きだから大学へ行けと自身の母校を勧められ1958年、明治大学文学部演劇学専攻に入学。
在学中から三木鶏郎門下としてラジオ台本を書いたが、コメディアン志望で、勝新太郎や水原弘の付き人となり、水原の渡辺プロダクション入りを機に同時に渡辺プロに入る。
その後、水原は渡辺プロを退社するが、なべはそのまま残り、ハナ肇の付き人となる。
付き人時代から、自分の名刺を持っていて、テレビ関係者に配っていたという。
大学在学中の学費は渡辺プロダクションが負担した。
1962年に「<お笑い三人組>における大衆の笑い」という卒論で、明大を卒業。
付き人時代から、ラジオのディスクジョッキーや構成作家、ジャズ喫茶の司会などをこなしていたが、1964年、『シャボン玉ホリデー』でお茶の間の圧倒的な人気を獲得し、一躍スターダムにのし上がった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

タレント・俳優・声優 本名:渡辺修三 誕生日:1939年5月2日 出身地:東京都 妻は元女優の笹るみ子。長男はタレントでたけし軍団のなべやかん。 1958年、明治大学に入学し、三木鶏郎主宰の冗談工房?門下に。 歌手の水原弘、俳優の勝新太郎、コミックバンド「ハナ肇とクレージーキャッツ」のハナ肇の付き人を経験した後、1964年に「シャボン玉ホリデー」でデビュー。 1976年、第13回(昭和50年度)ゴールデンアロー賞演劇部門新人賞を受賞。対象作品は「たいこどんどん?」。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アニメ
  • ラジオ
  • 東京
  • 大田区
  • なべやかん
  • オリジナル
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • パワー
  • パーソナリティ
  • ビデオ
  • リフティング
  • 作家
  • 出演
  • 劇場
  • 司会者
  • 声優
  • 大学
  • 大森
  • 放送
  • 文学部
  • 明治
  • 映画
  • 東京都
  • 笹るみ子
  • 著作家
  • お笑い
  • バラエティ
  • 代表
  • 修三
  • 出身
  • 卒業
  • 息子
  • 日本
  • 本名
  • 渡辺
  • 番組
  • 芸人