生年月日データベース

池田敏雄いけだとしお

コンピューター技術者[日本]

1923年 8月7日

1974年 11月14日 死去享年52歳
池田敏雄 - ウィキペディアより引用

池田 敏雄(いけだ としお、1923年8月7日 - 1974年11月14日)は日本のエンジニアで、日本のコンピュータ開発のパイオニア。
1970年から富士通役員を務め、死後に専務を贈られた。
正五位勲三等。
日本の汎用機黄金期を築いた業績から、没後に“富士通の池田敏雄・NECの水野幸男”と双璧として譬えられることも多い。
日本のコンピュータ産業の父である。
生い立ち 1923年8月7日、東京の東両国にある薬種商の長男として生まれた。
小学校の頃から算数に秀でており、成績は上位だった。
近くにあった国技館に通い、相撲も得意としていた。
1936年に池田が東京市立第一中学(後の東京都立九段高等学校)に入学すると、背が高かったためバスケットボール部に勧誘された。
中学5年の1940年の全国大会では全試合ダブルスコアで優勝した。
学業では数学の才能を認められ、特別な指導を受けた。
1941年、バスケット部のOBから誘われて旧制浦和高等学校(後の埼玉大学)を受験し、進学した。
12月には太平洋戦争が始まったが、1942年の全国大会は実施され、浦和高校が優勝した。

■ 関連書籍

「池田敏雄」と関連する人物

連想語句
  • 富士通
  • 関連
  • コンピュータ
  • 開発
  • アムダール
  • 入社
  • 年表
  • 提携
  • 日本
  • 水野幸男
  • 注釈
  • パイオニア
  • フレーム
  • メイン
  • 五位
  • 勲三等
  • 双璧
  • 専務
  • 役員
  • 業績
  • 死後
  • 汎用機
  • 没後
  • 産業
  • 黄金期