生年月日データベース

マルキ・ド・サドMarquis de Sade

作家[フランス]

1740年 6月2日

1814年 12月2日 死去享年75歳
マルキ・ド・サド - ウィキペディアより引用

マルキ・ド・サド(Marquis de Sade、1740年6月2日 - 1814年12月2日)は、フランス革命期の貴族、小説家。
マルキはフランス語で侯爵の意であり、正式な名は、ドナスィヤン・アルフォンス・フランソワ・ド・サド(Donatien Alphonse François de Sade [dɔnaˈsjɛ̃ alˈfɔ̃ːs fʀɑ̃ˈswa dəˈsad])。
サドの作品は暴力的なポルノグラフィーを含み、道徳的に、宗教的に、そして法律的に制約を受けず、哲学者の究極の自由(あるいは放逸)と、個人の肉体的快楽を最も高く追求することを原則としている。
サドは虐待と放蕩の廉で、パリの刑務所と精神病院に入れられた。
バスティーユ牢獄に11年、コンシェルジュリーに1ヶ月、ビセートル病院(刑務所でもあった)に3年、要塞に2年、サン・ラザール監獄に1年、そしてシャラントン精神病院に13年入れられた。
サドの作品のほとんどは獄中で書かれたものであり、しばらくは正当に評価されることがなかったが、現在その書籍は高い評価を受けている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    マルキ・ド・サド
    歌手
    発売元
    ユニバーサル ミュージック クラシック
    発売日
    2003年11月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,344 より
  • タイトル
    マルキ・ド・サド
    歌手
    発売元
    ユニバーサル ミュージック クラシック
    発売日
    2008年6月25日
    新品価格
    ¥ 19,490 より
    中古商品
    ¥ 6,950 より

【Marquis de Sade】フランスの作家。通称マルキ・ド・サド、本名はドナシアン・アルフォンス・フランソワ・ド・サド(Donatien Alphonse Francois de Sade)。1740年、プロバンス地方の貴族の子としてパリに生まれる。司法官の娘と結婚した後、20代のとき精神異常の徴候が出始め、男色などの罪で入獄。40年近くを監禁されて過ごし、獄中で多くの作品を書き上げる。大革命時にはバスティーユ監獄に収監されており、民衆蜂起のどさくさによって解放された。1803年にシャラントン精神病院に監禁され、1814年に死去。代表作に『閨房哲学isbn:4915841111』、『ソドムの120日(isbn:4791755626)』『美徳の不幸(isbn:4915841014)』『悪徳の栄え(isbn:4915841022)』など。  のちに精神科医・クラフト・エビングによって造語された、加虐的な性的志向を指す「サディズム」の語源とされた事もあって不当な評価を受けてきたが、20世紀になってアポリネールによって再評価され、シュールレアリストや実存主義思想に影響を与えた。  日本では澁澤龍彦によって翻訳・紹介が始まったが、訳書は猥褻文書であるとされ、「サド裁判」が起こった。なお、現在は未知谷と水声社から完訳版が刊行されている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 病院
  • サド
  • 精神
  • 刑務所
  • コンシェルジュ
  • サディズム
  • サン
  • シャラントン
  • バスティーユ
  • パリ
  • ビセートル
  • ポルノグラフィー
  • ラザール
  • リー
  • 作品
  • 侯爵
  • 小説家
  • 教育
  • 牢獄
  • 生涯
  • 監獄
  • 評価
  • しばらく
  • ほとんど
  • アルフォンス
  • スィ
  • ドナ
  • フランス語
  • フランソワ
  • マルキ
  • ヤン
  • 個人
  • 制約
  • 原則
  • 哲学者
  • 国際
  • 快楽
  • 放蕩
  • 放逸
  • 書籍
  • 正式
  • 正当
  • 獄中
  • 現在
  • 由来
  • 究極
  • 自由
  • 虐待
  • 要塞
  • 言葉
  • 追求
  • 音声記号