誕生日データベース

田島義文

俳優[日本]

1919年 8月4日

田島 義文(たじま よしぶみ、1918年8月4日 - 2009年9月10日)は、日本の俳優。
兵庫県神戸市出身、血液型B型。
来歴・人物 1937年、芸術小劇場の創立に参加。
1941年に日本大学藝術学部演劇科を中退する。
1946年、劇団俳優座に入団し、翌年『女優須磨子の恋』(松竹・溝口健二監督)で映画デビュー。
1954年、俳優座を退座し、映画製作を再開した日活に入るが、間もなく退社。
1957年からは東宝と専属契約を結び、『ふんどし医者』(1960年)、『どぶろくの辰』(1962年)などで渋い演技を見せ、いぶし銀の名バイプレイヤーとして活躍した。
東宝を退社後は、金子信雄が主宰する演劇グループ「演劇人クラブ・マールイ」に参加、舞台に出演するほか、後進の育成・指導にもあたった。
特撮作品への出演も数多く、東宝では本多猪四郎監督の本多組の常連であり、監督が自宅で主宰する恒例のパーティーでも常連メンバーだった。
円谷プロのウルトラシリーズの原点である『ウルトラQ』には準レギュラーで登場。
東宝を退社後は東映など他社作品にも活躍の場を広げ、ヤクザ映画などで味のある個性を発揮した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 映画
  • 俳優座
  • 日本大学
  • 東宝
  • テレビドラマ
  • 劇団
  • 女優
  • 学部
  • 日活
  • 松竹
  • 溝口健二
  • 演劇
  • 神戸市
  • 藝術
  • 退社
  • 金子信雄
  • 須磨子
  • いぶし銀
  • どぶろく
  • ふんどし
  • グループ
  • デビュー
  • バイ
  • プレイヤー
  • 中退
  • 主宰
  • 作品
  • 入団
  • 再開
  • 出演
  • 出演作
  • 出身
  • 創立
  • 劇場
  • 医者
  • 参加
  • 契約
  • 専属
  • 活躍
  • 演劇人
  • 演技
  • 監督
  • 翌年
  • 芸術
  • 製作
  • 退座